ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“天空のフレンチダイニング”の「イースター・ランチ」で春を満喫!


渋谷エクセルホテル東急25階のフレンチレストラン「ア ビエント」では、3月4日(日)~4月1日(日)の期間、イースターがテーマのコース「Déjeuner de Pâques ~イースター・ランチ~」を提供する。

フランスでは“Pâques(パック)”と呼ばれるイースター。キリストの復活と、冬が明けて春が訪れたことを祝い、家族や友人とご馳走を食べて祝う大切な祭日だ。

この日に食べる料理は日本でも知られているイースターエッグやチョコレートの他にも様々なものがあり、“復活祭の仔羊”と呼ばれる羊料理や、プロヴァンス地方のハムのリエットなど、地域ごとの伝統料理も存在する。

「ア ビエント」では、そんな祝祭の文化や楽しい雰囲気が身近に感じられる、シェフが趣向を凝らした料理が並ぶランチコースを用意。イースターにちなんだ料理4種類からなる前菜に始まり、スープ、オマール海老のアメリケーヌまたは豪州産牛フィレ肉のグリエから選べるメインディッシュ、デザートへと続いていく。デザートは卵形のチョコレートの中に、旬の苺を使った甘酸っぱいムースと、豊かなコクと甘さが特徴の練乳クリームを乗せた可愛らしい一品だ。

1日20食限定で、料金は3800円(税・サ料込)。地上100メートルからの景色が望める“天空のフレンチダイニング”で、春の足音を感じるランチタイムを満喫してみてはいかがだろうか。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy