ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

昔のケータイを復活させて恥ずかしいメールや写真を発掘した

こんにちは、株式会社バーグハンバーグバーグです。

 

3月2日(金)〜3月4日(日)の3日間、au FUKUOKAにて「おもいでケータイ再起動」というイベントが開催されます。

 

 

 

「おもいでケータイ再起動」とは、バッテリーが死んでしまった昔の携帯電話端末を復活させて当時の写真やメールなどを見て懐かしい or 恥ずかしい思い出に浸ることが出来るイベントです。

 

 

 

こちらがケータイを復活させることが出来るミラクルマシーン「バッテリーテスター」。こいつがバッテリーを大復活させてくれるのです。何だかノスタルジックな見た目ですね。

 

 

 

 

今回、近々行われるイベントに合わせて株式会社バーグハンバーグバーグ・長島が持っていた昔の携帯電話を復活させてみることにしました。クセのあるこの男、昔どのような写真を撮り、メールを送っていたんでしょうか。

 

 

――長島さん、緊張してますか?

 

「してないといえば嘘になりますが、楽しみではありますね。どんな写真撮ってたのかなんてほとんど忘れてますから」

 

――ふ〜ん

 

 

 

 

今回長島が持ってきたのは、左からA5404S、W53CA、W31CA。偶然にもどれもau端末でした。よく分かってらっしゃいます。

 

「おもいでケータイ再起動で使える端末は、au以外のものでも大丈夫ですよ」

「auの中村さんっ。良心的! ちなみにこれってどういう仕組みなんですか?」

「はい。昔のケータイは端末に1%でも電力が残っていると充電させることができるんですが、一定期間充電しないと過放電や全放電になってしまい、バッテリーを入れて充電させても『充電されてること』すら認識しなくなるんです

 

 

 

 

 

「というわけで、このバッテリーテスターに電池を差し込んで1%だけ電力を流し込みます。その1%を端末に分け与えることで『充電されてること』だけでも認識できるようにします。するとあとは充電することができ、昔のケータイが再起動する、ということなんです」

 

――…ドラゴンボールで例えると?

 

「天下一武道会の青年悟空VSピッコロ戦で悟空が勝った後、一歩も動けないピッコロに悟空が仙豆を分けてあげる感じですね」

1 2 3 4 5次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。