ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フーセンガムの当たりは配列と印刷のズレで攻略

フーセンガムの当たりは配列と印刷のズレで攻略

1箱の中に6個の丸いフルーツガムが入っているのが丸川製菓の「マーブルフーセンガム」。オレンジやイチゴが描かれた箱型のパッケージでおなじみで、当たりくじ付きとしても知られています。このフーセンガムで効率よく当たりを引く攻略法は、パッケージの配列と箱の印刷のズレの2つをチェックするのです。

フーセンガムの当たりを引く必勝法

丸川製菓の「マーブルフーセンガム」は、四角い箱に丸いフルーツ味のガムが入った駄菓子の定番商品。箱を開けたフラップ部分に当たりが出ると、もう1個もらえる6粒入りのガムです。

小売店用パッケージは36個入りで、当たりは1箱に3個入っています。12個に1個、当たりが入っているということ。比較的、当たりやすい当たりくじ付き駄菓子といえるでしょう。

そんなマーブルフーセンガムの当たりを引く必勝法は、2つのアプローチから攻めるのが確実でしょう。1つはパッケージの配列で、当たりが出やすい場所をまずはチェック。その中で、箱の印刷のズレを見つけるのです。

フーセンガムの当たりは3列目に集中

小売店用パッケージは3個×4列が3段積みになった構造。ここで当たりが出現する配列を調べてみると、3列目に集中していることがわかりました。3列目には9個のマーブルフーセンガムがありますが、ここに当たりが3つあるということです。

単純に、小売店パッケージから商品を選ぶときに、3列目からマーブルフーセンガムを取れば、当たりが出る確率は3個に1個となります。ここで、ガムの箱の印刷の違いを見つければ、当たる確率はグンと上がるでしょう。

そこで、マーブルフーセンガムの当たりとハズレの箱を見比べてみました。ポイントは「マーブル」の文字とオレンジのイラストが重なる部分。「マ」とオレンジの間に隙間があるのが当たり、詰まっているのがハズレです。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?
チョコボールのエンゼルは側面の英数字で分かる

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy