ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

田口淳之介&大原優乃、ガンダムヒーローズで大バトル「もっと攻めたい!」

この春、完全新作 Windows専用オンラインゲーム『ガンダムヒーローズ』がついに配信開始。これに先がけて都内で発表イベントが行われ、ガンダム好きで知られる田口淳之介、オンラインゲームビギナーの大原優乃が現場に駆けつけた。

ガンダムヒーローズは、プレイヤーが司令官となり、敵艦隊を撃破するリアルタイムバトルゲーム。

毎秒変化する戦場を見極め、さまざまな特徴を持つ個性豊かなユニットをいつ・どこで出撃させるか……司令官の戦術が勝利を決める“熱くなりやすいPCゲーム”。4月上旬からは、第2回先行プレイヤー体験が始まるガンダムヒーローズ。その世界観は、この動画を見てイメージしてみて。

ガンダムヒーローズ‐オープニングムービー

このガンダムヒーローズをいち早く体験したのが、田口淳之介と大原優乃。田口は開口一番、ファーストガンダムのアムロを真似て「田口、行きまーっす!」と言い放つと、大原は苦笑い。

きょうの衣装について「きょうは地球連邦軍カラーできました。知ってます?」とまたも大原に迫ると、「ステキです!」とかわされて笑った。

「弟といっしょに練習しましたけど、やればやるほど奥深くて、エネルギーを考えながら、属性をみながら、キャラを出してみます」(大原)

「属性とかいうってことは、かなりやりこんでいますよね。だいじょうぶかなオレ」(田口)

そんなやりとりを交わしながら、田口と大原は3回戦マッチに挑む。初戦は田口の圧勝。

「いままで、ガンダム系のゲームをいろいろプレイしてきたけど、自分が指揮官になれる感覚や、リアルに戦場にいるようなゲームはこのガンダムヒーローズが最も印象的。その世界観にのめり込めますよね。戦術も自分で練れて、毎回毎回はまっちゃう」と田口。

2戦目は大原が一心不乱に攻める!

「次はもっと攻めたいと思います。右と左へ」(大原)

「モビルスーツへの愛情をもって勝ちます。戦術もそうですけど、いかに一体一体のモビルスーツに愛情をかけているかにかかっていると思うんで」(田口)

そんなやりとりを交えて2戦目へ。すると……なんとこんどは大原の圧勝。

「なんか、こんだけ言って負けたら、恥ずかしいんで、ガンダムファンの期待を背負ってがんばります」と伝えていた田口は、見事に完敗。顔を両手で覆って苦笑い。

「これをきっかけにもっともっと名作を」(大原)

そして3戦目は、気合を入れ直した田口が大原を猛攻。波状攻撃を終えると、すぐさま母艦側の“守り”に入る田口は、「われながら大人げないですね」と大笑い。
闘いを終え、笑いながら「これをきっかけにもっともっとガンダムシリーズの名作を知っていきたいです」と大原。 田口は「各ガンダムシリーズの機体の性能だったり、こまかいディティールも再現されている。ファンも満足いくゲームだし、初心者ものめり込めると思います。ゲーム性がすごいライトなので、誰でもヒーローになれる、いいゲームですよね」と語っていた。 最後は、「もう一回やりたい!」という気持ちをおさえながら、バンダイナムコオンライン近藤貴浩GMと木村基志Pといっしょにフォトセッション。この春にリリースされるガンダムヒーローズを体験したふたりと、キリッと決めた。

田口淳之介&大原優乃 フォトアルバム

CGWORLD
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。