ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

にゃんこ堂がマンガに!『まんが ねこねこ横丁 東京かんばん猫』−発売記念イベント開催中

万年不在のリクジロウ店長、久々登場。「僕もマンガになってるから見てね」

なんと!にゃんこ堂がマンガ化されました。
感謝、感激!

マンガとなって掲載されたのは、漫画家ねこまき先生の新刊『まんが ねこねこ横丁 東京かんばん猫』で、登場人物が全て猫という作品。ねこねこ横丁観光案内所の「ねこ長」が、“看板猫のいるお店”11店舗を猫目線で紹介していて、その中の1店舗としてにゃんこ堂も登場します。

にゃんこ堂のページでは、にゃんこ堂オープンの物語が紹介されています♪出版不況が続き、書店を続けるか辞めるか、苦悩しつつも家族で一致団結して猫本コーナーを始める!という部分を描いてもらっているんですが、ねこまき先生のユルくてほっこりした作風で、温かくそしてちょっとホロリとする素敵な内容になっております。

にゃんこ堂の店主はじめ、登場人物は全員“猫”で描かれているのですが、これがまた似てる!特に店主の「姉川ちゃん」がとにかく似てますので、店主を見たことがある方は、ぜひチェックいただきたいです。

巻末では番外編として、にゃんこ堂で開催した「保護猫譲渡会」の様子や、2代目猫店長リクジロウとの出会いも載っているので、最後までお楽しみください♪

そしてそして!
『まんが ねこねこ横丁 東京かんばん猫』発売を記念して3/2までにゃんこ堂店内にて、ねこまき先生のパネル展&クジ引きが出来るフェアも開催中!

『まんが ねこねこ横丁 東京かんばん猫』だけでなく『ねことじいちゃん』『まめねこ』など、大人気ねこまき作品のパネルをズラリと展示!店内が “ねこまき祭り” 状態になっておりますので改めて歴代の作品もお楽しみ下さい。

また、フェア作品ご購入の先着100名様に特典猫グッズプレゼント!非売品な上、開けてびっくりお得感満載、大満足の景品となっておりますので、ぜひ、ねこまき作品をゲットして、ねこまきグッズをお持ち帰りください♪

〜レトロモダンなねこねこ横丁。観光案内所の“ねこ長”が案内するのは、様々な町で愛され続ける実在のお店と縁あって共に暮らす看板猫たち。今から魅力あふれる猫スポットをアナタも一緒に巡りませんか? 猫写真つきインタビューも収録〜
『まんが ねこねこ横丁 東京かんばん猫』
1296円

著者:アネカワユウコ&猫店長リクジロウ

にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy