ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

androp、アルバム『cocoon』収録曲「Memento mori with Aimer」でAimerと再びコラボレーション

andropが3月7日(水)にリリースする、オリジナルとしては約3年ぶりとなるニューアルバム『cocoon』の12曲目が解禁となった。今回発表されたのは「Memento mori with Aimer」(読み:メメント モリ ウィズ エメ)。同曲には、1月21日(水)にニューシングル「Ref:rain / 眩いばかり」を発売したばかりのAimerが参加している。
androp (okmusic UP's)

andropとAimerといえば、2016年9月に発売されたAimerのアルバム『daydream』に収録されている「twoface」「カタオモイ」を内澤崇仁(Vo&Gu)が提供・プロデュース。「カタオモイ」は歌詞検索サイトで今なお上位に入っているほか、LINE MUSICのウィークリーチャートで今もTOP20に入るなど、長く多くの人に愛される楽曲となっている。その2組が約1年半ぶりに、再びコラボレーションすることとなった。

「Memento mori with Aimer」には、大きく2つの注目すべきポイントがある。1つ目は構成が特徴的なところ。1番・2番の歌詞がそれぞれ、冬から始まり、春、夏、秋と四季を綴っており、曲中に描かれる2人は2つ目(2番)の季節を迎えたところで感情に変化が訪れる。まるで一編のショートムービーを観るかのような叙情的なストーリー性の高い1曲に仕上がった。その結果、この楽曲は8分44秒もの長さの壮大な楽曲になっている。2つ目はスピーカーのL(左)、R(右)が全く別の演奏(トラック)となっていること。Lには内澤、RにはAimer、2人がそれぞれに違うアングルの歌詞を同時に歌っていて、その2曲を同時に聴くことで1つのストーリー(楽曲)が完成するという構成となっている。ヘッドホンやイヤホンで聴く人は1度通して聴いた後に、それぞれを単独で聴くのもまた違う楽しみになるだろう。壮大さの中にある儚さを歌うにはぴったりの2人の歌声は必聴の価値あり! 「カタオモイ」とはまた違った形での2組のコラボレーションに注目だ。同曲は、2月22日(木)よりラジオなどで楽曲が解禁されているので、ぜひチェックしたい。
アルバム『cocoon』
2018年3月7日発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

UPCH-7399/¥4,212(税込)

<収録曲>

■CD

01.Prism

02.Arigato

03.Joker

04.Hanabi

05.Sorry

06.Catch Me

07.Sleepwalker

08.Kitakaze san

09.SOS! feat. Creepy Nuts

10.Proust

11.Ao

12.Memento mori with Aimer

■DVD

studio live

・Catch Me

・Proust

・Hanabi

・SOS!

【通常盤】(CD)

UPCH-2152/¥3,240(税込)

<収録曲>

01.Prism

02.Arigato

03.Joker

04.Hanabi

05.Sorry

06.Catch Me

07.Sleepwalker

08.Kitakaze san

09.SOS! feat. Creepy Nuts

10.Proust

11.Ao

12.Memento mori with Aimer

〜bonus track〜

Tokei(album ver.)※通常盤のみ収録
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy