ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

殺菌・防虫効果も! クローゼットやタンスでふわっと香るサシェの作り方

香りの効能を知って、生活にサシェを取り入れよう

毎朝開けるクローゼットの扉やタンスの引き出し。その中からふわりと優しい香りを届けてくれるサシェ。実はこのサシェ、いい香りがするだけでなく、中に入れる香料やハーブによっては殺菌効果や防虫効果まであるのだ。
お気に入りの香りがあれば、すぐにサシェを作ってみよう!

お気に入りの香りがあれば、すぐにサシェを作ってみよう!サシェって何?

サシェとは香料やハーブが入った小さな袋のこと。日本でも昔から親しまれているもので、香り袋や匂い袋なんて呼ばれている。

袋の中に入れるものによって用途が異なるので、目的に合わせて用意したり手作りするのが主流だ。また、小さくてかわいらしいことから、ちょっとした贈りものとしても人気だ。
ちょこんと部屋に置くだけでもかわいらしいサシェ

ちょこんと部屋に置くだけでもかわいらしいサシェサシェの中身って?

サシェの中身は主に香料や乾燥ハーブ。選ぶ香りによって効能は微妙に異なるので、目的に合わせて香りをチョイスしよう。

ラベンダー:リラックス効果があり、さらに抗菌・殺菌効果がある。
ローズマリー:脳の働きを活性化させ、集中力を高めてくれる。
ペパーミント:すっきりとした香り。防虫効果がある。
マリーゴールド:摘みたての花のような香り。ストレス緩和や神経疲労に効果がある。ハーブの香りや効果もさまざま!

ハーブの香りや効果もさまざま!サシェの使い方は多種多様

香りによって効能が違えば、使い方もそれぞれ異なる。玄関やトイレ、クローゼットなど、どこに取り入れるか考えてみよう。
ドアノブにそのまま掛ければ、扉の開け閉めもいい香りに包まれる。インテリア要素としても◎

ドアノブにそのまま掛ければ、扉の開け閉めもいい香りに包まれる。インテリア要素としても◎
トイレに香りを取り入れたい時はタオルと一緒にタオルハンガーへ掛けよう

トイレに香りを取り入れたい時はタオルと一緒にタオルハンガーへ掛けよう
洋服を香らせるならクローゼットの中のハンガーに吊るしたり

洋服を香らせるならクローゼットの中のハンガーに吊るしたり
洋服のポケットの中に入れるなどして楽しめる

洋服のポケットの中に入れるなどして楽しめるサシェを自分で作ってみよう!材料

布(8×12cm)×2枚
布はいらなくなった服などの切れはしでOK。リネンは吸水性と撥水性に優れており、中身の香りをよく発散してくれる。また、防カビ性にも優れているので湿気の多い場所や普段肌に直接見に付ける下着なんかと一緒に入れても安心。

今回はくすんだピンク色のリネンをチョイス。
布の種類・色はお好みで|サシェの作り方

布の種類・色はお好みで

リボン(長さ約50cm)×1本
リボンの色は布に合わせて選んで。幅に指定はないけれど、できあがりサイズに合わせて幅1~2cmくらいがオススメ。
ハギレなどを使ってもOK|サシェの作り方

ハギレなどを使ってもOK

ドライハーブ
今回はドライハーブのラベンダーを使用。ラベンダーにはリラックス効果があり、抗菌・殺菌の作用もあるので防虫にも効果がある。
お気に入りの香りがあればすぐにサシェが作れる!

お気に入りの香りがあればすぐにサシェが作れる!道具

縫い針
糸(適宜)
ハサミ作り方

1.布をコの字に縫う
針に糸を通し、片方を玉結びする。1本どりで2枚の布を縫い合わせていく。短い辺を1辺残し、コの字になるように縫う。最後は2~3cm返し縫いし、玉留めをする。
布端3mmのところを縫っていこう|サシェの作り方

布端3mmのところを縫っていこう
縫い終わり。余った糸はハサミで切る|サシェの作り方

縫い終わり。余った糸はハサミで切る

2.袋を裏返す
1で作った袋を丁寧に裏返す。
縫った糸が切れないよう丁寧に|サシェの作り方

縫った糸が切れないよう丁寧に

3.ドライハーブを入れる
袋を裏返したら、中にドライハーブを入れる。袋の6~7分目のところまで入れよう。
香りは好きなものでOK|サシェの作り方

香りは好きなものでOK

4.リボンを結んで袋を閉じる
袋の口部分にリボンを結んで口を閉じる。
まずは手を使って閉じて|サシェの作り方

まずは手を使って閉じて
リボンを結ぶ|サシェの作り方

リボンを結ぶ

5.完成!
中に入れたハーブと同じ種類のドライフラワーをリボンに挿せばサシェの完成!
ドライフラワーはなくてもOK|サシェの作り方

ドライフラワーはなくてもOKこんなアレンジもできる!

①.ティーパックを使う
布を縫い合わせるのが面倒なら、市販のティーパックを使ってもサシェを作ることができる。ティーパックの上部をハサミで切り、中にドライハーブを入れてテープなどで固定するだけ。
中が透けてかわいい!|サシェの作り方

中が透けてかわいい!

②.アロマを使う
ドライハーブが手に入らなかった時は、アロマを使っても◎。コットンに3~5滴分のアロマを染み込ませて、作った袋に入れてみよう。十分に香りが広がるサシェを作ることができる。
香りはお好みで|サシェの作り方

香りはお好みでたった10分で作れるいい香りの小袋

いい香りを生活に取り入れるだけで、気持ちにもゆとりができるもの。香りの効果はさまざまなので、ぜひ自分にあった香りを使ってサシェ作りにチャレンジしてみよう。

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

監修=木村遥
文・写真=編集部

※雑誌「CHINTAI」2018年1月24日発売号の特集は「不思議なくらい いい部屋が見つかる本」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy