ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なすを使った世界の料理レシピ5選

慣れ親しんだ和食も良いですが、旅から帰ってくると海外の料理が恋しくなるもの。本記事では、「全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ」の本山尚義シェフが考案した、なすのレシピをご紹介します。

特殊な材料や調味料は必要ありません。スーパーで購入できるものを使って、気軽に世界の料理を作ることができますよ。

 

サラタ・デ・ヴィネテ(焼きなすのカナッペ)/ ルーマニア料理

焼きなすでつくったペースト。 冷たくして、バゲットと一緒に。

材料(2人分)

なす(1本)
A:玉ねぎ(1/4・みじん切り)、マヨネーズ(小さじ1)、レモン汁(小さじ1)、オリーブオイル(大さじ3)、塩・胡椒(少々)
バゲット(4枚・1.5cm幅)

作り方

1.魚焼きグリルで、なすを皮のまま焼く。真っ黒になるまで 焦げ目をつける。
2.皮をむき、粗熱をとったら、包丁でたたいて細かくミンチ 状にする。
3.ボウルに2を入れて、Aを加え、よく混ぜる。バゲットの上に盛り付ける。

 

ババガヌージュ(ラマダン明けの茄子とゴマのペースト)/ リビア料理

料理の前菜としてよく出される、なすのペーストです。焼きなすの風味がたまりません。冷たいディップとしてパンと食べるのがおすすめ。

材料(2人分)

なす(1本)
A:にんにく(おろし・小さじ1/2)、練りごま(大さじ1)、レモン汁(小さじ2)、クミン(小さじ1)、塩(小さじ1)
オリーブオイル(大さじ1)

作り方

1.魚焼きグリルで、なすを皮のまま焼く。真っ黒になるまで焦げ目をつける。
2.皮をむき、粗熱をとったら、包丁でたたいて細かくミンチ状にする。
3.ボウルに2とAを入れて、よく混ぜる。オリーブオイルを回しかける。

 

オッカイ(鶏肉となすのバジル炒め)/ ラオス料理

バジルがたっぷり使われるラオス料理。一口食べると爽やかな香りが口の中に広がります。ごはんが欲しくなるおかずです。

材料(2人分)

A:にんにく(みじん切り・1かけ)、しょうが(みじん切り・1かけ)、玉ねぎ(1/2個・みじん切り)
サラダ油(大さじ1)
B:鶏むね肉(300g・一口大)、なす(2本・サイコロ大)、バジル(一枝・粗みじん切り)
C: 水(1/4カップ・50cc)、ナンプラー(大さじ2)

作り方

1.鍋に油を熱し、中火でAを炒める。香りが出てきたらBを加え、鶏肉が白っぽくなるまで炒める。
2.Cを加え、弱火で20分煮込む。

関連記事リンク(外部サイト)

いくつ知ってる?絶品アフリカ料理18選
ニューヨークにあるレストラン・グルメのベスト10発表!
グルメ旅人が唸った!ごはんが美味しい6カ国とその料理まとめ
オーストラリアの代表的な料理&スイーツ25選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy