体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DJIの新ドローン『MAVIC AIR』レビュー 携帯性と進化したジェスチャー操作を体験

DJIの新ドローン『MAVIC AIR』レビュー 携帯性と進化したジェスチャー操作を体験

DJIが1月28日に出荷を開始したドローン新製品『MAVIC AIR』のレビューをお届けします。今回試せたのは室内でのフライトのみでしたが、コンパクトにたたんで持ち運べる携帯性と、『SPARK』から大幅に進化したジェスチャー操作を体験することができました。

たたむと超コンパクト

mavicair_rev2

『MAVIC AIR』は、折りたたみ可能な小型ドローン『MAVIC PRO』をさらに小型化し、折りたたんだ状態ではスマートフォン程度のサイズにして持ち運べる製品。DJIにはコンパクトサイズのドローン『SPARK』がありますが、持ち運びの面ではある意味『SPARK』を超える携帯性を実現しています。

mavicair_rev3 mavicair_rev4 mavicair_rev5

折りたたんだ状態の大きさはハンディカム程度で、専用ケースに収納するとカバンの中に気軽に放り込んでおけるサイズ。

mavicair_rev6 mavicair_rev7

たたんだアームを展開してレンズカバーを外せばドローン形態に。前方向のプロペラにあるツメを引き出すとスタンドになります。

mavicair_rev8 mavicair_rev9

『SPARK』とサイズを比較してみると、ドローンの状態では『MAVIC AIR』の方が大きいですが、たたんだ状態ではアームが出っ張らない分、『MAVIC AIR』の方がコンパクトに収納できることが分かります。

mavicair_rev10

『MAVIC AIR』には、スマートフォンを取り付けてコントローラーにできる送信機が付属するのですが、送信機もコンパクト設計なのがポイント。

mavicair_rev11 mavicair_rev12

送信機のスティックを外して本体に収納できるので、出っ張る部分がなくたためるのです。スティックを保護したりスペースを空けて収納しなくてよいので、これは意外と便利。

ジェスチャー操作に挑戦

ドローン初心者でも簡単な操作で撮影できるジェスチャー操作や、プリセットされた演出で本格的な映像の自動撮影ができる“インテリジェントフライト”が大幅に進化しているのも特徴。“インテリジェントフライト”はドローンが飛行可能な広い屋外でないと利用できませんが、今回は室内のフライトでジェスチャー操作を体験することができました。

・離陸

mavicair_rev13 mavicair_rev14

『SPARK』では手のひらに乗せて本体のボタンを操作することで離陸する仕様でしたが、『MAVIC AIR』ではカメラに向かい合って手をかざすとプロペラが回って離陸。離れた場所で操作できるので、初心者にも安心です。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。