ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミレニアル世代は持たない世代?18~25歳のシェア依存度にせまる

2000年以降に成人・あるいは社会人になる「ミレニアル世代」は、シェアリング・エコノミーをどれだけ日常的に関わっているか―――。

ジャパンネット銀行は2月15日、このミレニアル世代を対象とした、「シェアリング・エコノミー」に関する意識・実態調査の結果を公表した。

同調査の背景には、「ミレニアル世代が、社会や消費のあり方に大きな影響を与えるジェネレーション」としてアメリカで注目を集めているという事情がある。

米国では、ミレニアル世代がシェアリング・エコノミーと深く関わり、場所・モノ・交通手段などを多くの人と共有することで、「必要な人が、必要なタイミングで、必要な分だけ利用する」という市場をけん引しているといわれている。

では、日本はどうか―――。同社が国内の18~25歳の男女500名にアンケート調査した結果が、こうだ。

ミレニアル世代はシェアOKが6割超、親世代の3倍

今回は、場所・モノ・交通手段の3分野のシェアサービスについて調査。その結果、シェアハウス、ファッションレンタル、カーシェアなどで「利用してみたい」が6割を超えた。

また、レニアル世代のシェアサービス受容度は、親世代のおよそ3倍にのぼるという結果に。

ミレニアル世代のシェアは交流、合理的で賢い選択

ミレニアル世代の男女は、シェアサービスについて「賢い選択だと思う」と答えた人が66%。

また、「シェアサービスは経済的だと思う」(77%)、「シェアサービスは合理的だと思う」(73%)と答えた人も、それぞれ7割を超え、ミレニアル世代の大多数が、シェアサービスをお得で合理的なものと考えている。

さらに、「シェアサービスは他ユーザーとの交流のきっかけになると思う」という回答が53%。ユーザー間でのつながりを期待する人も多いことがわかった。

体験、つながり、合理性を重視…が半数以上

ミレニアル世代はそもそも、消費に対する考え方はどうなのか?

彼らのおよそ半数が、「モノをあまり持ちたくない」(51%)、「お金を使うときには合理性を重視するほうだ」(66%)、「モノよりも体験や人とのつながりを大事にしたい」(51%)という気持ちでいるという。

―――シェアサービスは、ミレニアル世代の中でますます広がりそう。

ちなみに、親世代は、「お金を払っても自分の資産にならないことに抵抗を感じる」(64%)、「人とのコミュニケーションを面倒に感じる」(79%)ということで、ミレニアル世代とは正反対。これも印象的な結果に。経済
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。