ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【再現レシピ】「ガスト」風のチーズINハンバーグを自宅で作ってみた

ガストのあの味が自宅のキッチンで再現できちゃう!

あの有名店の味を自宅で再現してみよう!ということで、今回はファミリーレストラン「ガスト」の人気メニュー・チーズINハンバーグにチャレンジ!

たっぷりチーズを包むハンバーグがふんわり柔らか&ジューシーな食感になるよう、自宅のキッチンで挑戦してみた。
ナイフを入れた瞬間に流れ出すチーズが食欲をそそる!|「ガスト」風のチーズINハンバーグのレシピ

ナイフを入れた瞬間に流れ出すチーズが食欲をそそる!材料(2個分)

【ハンバーグ】
牛豚合い挽き肉=200g
玉ねぎ=1/2個
溶き卵=1個分
塩=小さじ1/4
コショウ=少々
ナツメグ=少々
牛乳=適量
パン粉=1/2カップ
スライスチーズ(溶けるタイプ)=4枚
サラダ油=適量

【デミソース】
ウスターソース=大さじ1
ケチャップ=大さじ1
牛乳=大さじ2
水=大さじ1
バター=5g作り方

①.玉ねぎを炒める
玉ねぎはすりおろし、飴色になるまでフライパンで炒め、冷ましておく。
玉ねぎはすりおろしたものを飴色になるまで炒めることで、肉ダネの甘味とふんわり感が高まる|「ガスト」風のチーズINハンバーグのレシピ

玉ねぎはすりおろしたものを飴色になるまで炒めることで、甘味とふんわり感が高まる

②.材料を加えてよく混ぜる
ボウルに①を入れ、挽き肉、溶き卵、塩、コショウ、ナツメグを加え、粘りが出るまでよく混ぜる。
肉ダネは粘りが出るまでよく捏ねると、肉汁あふれるジューシーな仕上がりに|「ガスト」風のチーズINハンバーグのレシピ

肉ダネは粘りが出るまでよく捏ねると、肉汁あふれるジューシーな仕上がりに

③.円形にのばす
牛乳で湿らせたパン粉を②に加えてさらに混ぜ、2分割し、平たい円形にのばす。

④.成形する
③のハンバーグのタネの中心を少しへこませ、そこにスライスチーズを2枚重ねて2回折りたたんだものを置いて包み込み、小判型に成形する。
スライスチーズを2枚重ねて2回折りたたんで包めば、切った途端にチーズがあふれ出す仕掛けに|「ガスト」風のチーズINハンバーグのレシピ

チーズを2枚重ねて2回折りたたんで包めば、チーズがあふれ出す仕掛けに

⑤.焼く
フライパンでサラダ油を熱し、④の両面に焼き色を付ける。焼き色が付いたら蓋をして、弱火で中まで火を通す。

⑥.デミソースを作って盛りつける
ハンバーグが焼き上がったら皿に盛る。肉汁が残ったフライパンに【デミソース】の材料を入れ、火にかけてソースにし、ハンバーグにかける。じゅわっととろけるチーズが絶品! これぞガストの真骨頂

フォークを入れるとたちまちあふれ出てくるチーズにうっとりしてしまうこと間違いなし! デミソースの軽やかな酸味にチーズの濃厚さがマッチして、ごはんが進む一品が完成した。家で簡単に作ることができるので、ぜひチャレンジしてみて!

監修=ヤナイユキコ
フードライター。料理雑誌の編集、ライターを経て、出産を機にフリーのフードライターに。数々の料理取材、食べ歩きの経験を活かし食品メーカーのレシピ考案も行う。現在はママ向けサイトで料理記事などを執筆。育児中でもおいしいものを食べるため、日々料理に勤しんでいる

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

※このレシピは編集部が独自の見解で再現したものであり、実際のお店のレシピとは異なります。正しい味は、お店に行って確認を!
※「CHINTAI2017年11月号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています
※雑誌「CHINTAI」2018年1月24日発売号の特集は「不思議なくらい いい部屋が見つかる本」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy