ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

予約争奪戦から始まるハードミッション。切迫入院妊婦のシャワー事情 by pika

予約争奪戦から始まるハードミッション。切迫入院妊婦のシャワー事情 by pika

こんにちは、pikaです。3歳の双子男児を育てています。

双子の妊娠、管理入院中のお話。

今回は、入院中のシャワー事情について漫画にしました。 前回エピソード:気づかいも必要だけど連帯感が心地いい。チームのような相部屋入院生活 by pika

f:id:akasuguedi:20180213132653p:plain f:id:akasuguedi:20180213132711p:plain f:id:akasuguedi:20180213132730p:plain

f:id:akasuguedi:20180213132746p:plain

管理入院中のシャワーについて

わたしの入院していた総合病院は、比較的シャワーに関しては寛大で、

●絶対安静ではない(安静度が車椅子レベル以上)

●NSTで張りが増えていない

この2つの条件を満たしていれば、とくに日数の制限等なくシャワー室を利用することができました。

しかし実際には、大きいお腹で浴びるシャワーは、なかなかの重労働。

シャワーを浴びると気分がさっぱりして気持ちがよいのですが、お腹の張りは増えるため、わたしは1日おきや2日おきに浴びるようにしていました。

数々のハードルを越えて? 〜管理入院、シャワーまでの道のり〜

いざ「今日はシャワーを浴びる日!」と決めたら、乗り越えるべき難関がいくつかあります。

●毎朝8時に始まるシャワー予約枠争奪戦に勝ち抜く(※先着順)

●その日の午前中のNSTをクリアする(→張りが多いとシャワー中止)

●予約時間に処置がずれ込まないことを祈る

うまく予約が取れたとしても、その日の体調や運次第では入れないこともあります。

(中には、予約制に無頓着な産褥婦さんに入られてしまったという不運なケースも…)

シャワーを浴びない日は、使い捨てのホットタオルをもらい、自分で体を清拭していました。

これが意外とさっぱりするのですが、清拭だけの日が4日も続くと地味に辛く…。

週に2〜3度のシャワーの日は、お腹は張るものの、さっぱりして生き返る心地でした。

運がよいと看護師さんに「寝たまま頭だけ洗ってもらう」こともできましたが、意外と頭の上げ下げでお腹が張ってしまい、楽ちんという訳にはいきませんでした。 関連記事:安静第一で入浴すら禁止の入院生活。涙が出るほど嬉しかったシャワー解禁日だけど… by トキヒロ

妊婦のシャワーは大仕事! 〜手早くシャワーを終わらせるコツ?〜

入院中のシャワーで大変だったのが、大き過ぎるお腹と、点滴の針先が固定され不自由な片腕。

幸いなことにシャワー室内には浴室用の椅子が置いてあり、これなくしては入れないほど、妊娠後期のシャワーは大仕事でした。

衣類の脱ぎ着も含めて、予約時間の30分以内に終わらせないといけないのですが…

●お腹が張るので休み休み動く必要あり

●大きいお腹が邪魔して、そもそも動作に時間がかかる

●片腕は留置針が固定されており、動かしづらく、気もつかう

こうした事情もあり、意外とハードなミッションである入院中のシャワー。

そんなシャワーをお助けしてくれた便利グッズがありました。

●ノンシリコンシャンプー

→リンス等しなくても、髪がきしまない。一回で終わるので楽&時短に。

●洗濯ピンチかご(100均)

→シャワーグッズをまとめて運搬。シャワー室内では手すりにかけ、物の置き場として活躍。

入院中のシャワーは動作や時間の制限もあり、思うようにいきません。

細かいことは気にせず、雑でも手早く終わらせるようにしたら、ストレスなく時間内に浴びることができるようになりました。(ただし、お腹は張る…)

ちなみに一度も洗えなかった下肢は、退院時には毛穴が固くサメ肌のようになっていましたが、洗えるようになってからは自然と元に戻りました。

ノンシリコンシャンプーは、その後の育児でも、自分用の時短グッズとして役に立ってくれました。

点滴とシャワーの話

ちなみに余談ですが、シャワー中、点滴をしている腕は(アームカバーの中身)どうなっているのかといいますと…

シャワーに入る直前に、点滴のチューブは先のほうで連結が外され、留置針(2~3cm程の柔らかい管)とその先15cm程のチューブだけがつながった状態になります。

それをくるくるとまとめ、ガーゼをかぶせてから網ネットで腕に固定し、濡れないよう上からアームカバーをした状態で、いざシャワー室へ。

万全の防備でシャワーを浴びるのですが、これが余程気をつけていないと、腕をつたう水分でテープまで水浸しになることがよくありました。

濡れたテープは貼りかえをしてもらえるのですが、わたしの経験上、留置針まわりをいじる動作がくわわると、点滴が漏れる確率がふえ、結局は差し替えに…。

●点滴の腕はなるべく使わない、片腕シャワー

●アームカバーの下にリストバンドをつける(伝い漏れ防止)等、

涙ぐましい(?)努力をし、針を長持ちさせるよう気をつけていました。

リストバンドは、病室で顔を洗うときにも伝い漏れ防止になり、意外と重宝したグッズのひとつです。 pikaさんの関連エピソード:程良いおしゃべりと個人の時間…「公私バランス型」病室が、切迫早産入院のよい気分転換に by pika

f:id:akasuguedi:20170513121857p:plain

著者:pika

子どもの年齢:3歳双子

2014年5月生まれの双子を育てています。産科ではありませんが医療職をしています。「妊活ブログ」・「双胎妊娠ブログ」を経て現在は双子育児4コマ漫画ブログを運営中。

ブログ:「ふたご絵日記」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

f:id:akasuguedi:20180113090450p:plain

pikaさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

【医師監修】どんなお産がいいのかは、人によって全然違うもの。自分のお産は、自分がいいと思う産み方で。 荻田和秀先生(りんくう総合医療センター)に聞きました。
3人産んでも毎回が「初めて」!それぞれ経過が違った私の出産体験
1人目は長くて辛いお産だったけど。2人目はあっという間のスーパー安産!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy