ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビュー(vol.2)』

『分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビュー(vol.2)』

 漫画家・西島大介さんの代表作でもあるベトナム戦争を描いた『ディエンビエンフー』は、角川書店、小学館と出版社を変わりながら描き続けられてきた。そして、「ホーチミンカップ」というトーナメントバトルのさなか、12巻で『IKKI』版の『ディエンビエンフー』は物語が完結せずに終了した。物語は未完のままで終わるかと思いきや、双葉社から声がかかり『ディエンビエンフー TRUE END』として連載が始まった。『TRUE END』は最速3巻で完結するということが決まっている。

 2月10日には2巻が発売され、2月14日には双子のライオン堂からベトナムについてのエッセイ漫画『アオザイ通信完全版#2 歴史と戦争』も発売になり、9月には最終巻3巻の発売も決まっている。代表作でありながらも、二度の雑誌休刊に立ち会い、3社の版元を渡り歩くという文字通り「ドロ沼の戦争」「終わりなき戦争」と化した大長編『ディエンビエンフー』シリーズについて西島さんにお話を聞かせていただきました。

■早期退職とゲリラ戦、編集者への恩と休刊へのアンチテーゼ

―― 『IKKI』版の『ディエンビエンフー』はどこまで連載で、どこから描き下ろしになったんですか?

西島 8巻と9巻から描き下ろしになりました。なんでかというと出版不況の始まりぐらいだったのかな。「『IKKI』のページが薄くなるから西島くん連載載らないのどうですか?」と担当さんに訊かれて。「載らないのどう?」ってすごい言い方ですよね。

*8巻 『月刊IKKI』2009年4月号〜2009年9月号
    #48 敬虔さ 描きおろし
 9巻 #49〜54/描きおろし
    #49 明命帝/『月刊IKKI』2011年7月号にて先行掲載

―― 聞いたことのない提案ですね。

西島 僕は相手の言うことを素直に聞くから「あっ、そうですか」って。理由はなんですかって訊いたら、「石油危機」と言われて。「オイルショックみたいなのですか?」と聞いたら「そうです」と。紙が高くなったから全体を薄くせざるをえなくて、一人一人作家さんに相談しているということでした。そうなると地球規模の問題だから、僕の小さなプライドと比べられるものではないから、「僕、降ります」って。雑誌に載らないけど原稿料もちゃんと支払われるし、そもそもデビューが早川書房で書き下ろし小説のように漫画を描いていたから、僕ならできそうだなと早々に身を引いて、早期退社みたいな感じでしたね。

―― 震災後は全部描き下ろしでしたよね。

西島 描き下ろしになったのは東日本震災前だけど、震災によって刊行ペースは大きく狂いました。

―― 確かにコミックの出る感覚がだいぶ空くようになりましたね。

西島 1巻につき6話構成なので、年に2冊ペース。掲載状態を変えたことで少しずつ間延びしていったんだけど、決定的なのは震災でしたね。『ディエンビエンフー』の初期は、巻を重ねるごとに重版していましたし、エンターテインメントとして、みんなを面白がらせること、びっくりさせることを目指していました。でも、震災を経た後では、重版されれば出版社も読者も作者もみんな嬉しい、という右肩上がりの考え方を僕は継続できなくなりました。

―― 西島さんは震災後の4月ぐらいには広島にご家族で引越しされてますよね。そのあとで少し鬱っぽくなったと他のインタビューや対談で話されていたと思います。

西島 僕は鬱だとは思わないんですけど、妻に言わせればそうだったみたいですね。

―― それもあってコミックスが出るスペースが延びました。『ディエンビエンフー』が出ないと続きが読めないので、西島さんの活動が見えなくなるということもあったと思うんです。

西島 震災が悪いというよりも、「地下に潜る」という発想が間違いだったとは思います。僕の考えでは、「載っていない」というのはゲリラ戦のようだし、ベトナム戦争的にも正しい。ブッシュに潜むベトコンのスタイル。でもそれはコンセプトは正しいけど、実際雑誌に載っていないから誰の目に全然触れない。追いかけられない。
追いかけにくいのがゲリラ戦だから、ベトナム戦争みたいで面白でしょ、ワクワクしてねって僕は思ったんですけど、それはあくまで僕のモチベーションの話であって読者には迷惑ですし、小学館にとってもマイナス。ビジネス的にも間違っていました。でも石油危機が本当なら地球規模だし、経済込みの原発を否定するなら自分のビジネスモデルも小さくしなくてはいけない。結果エコ? 地球に連載を譲った感じ・・・?

―― 『IKKI』版の終盤ではホーチミンカップというトーナメント戦が始まりましたが、あれが延命ではなく最初の時点で構想されてたわけですよね。

西島 最初からありました。2016年に出した『The ART of Dien Bien Phu』(*)にも『IKKI』版連載開始前の設定が載っています。トーナメント表もあります。

(*)グラフィック社より2016年8月刊行。帯コメントには「心は折れていません ――― 続きを描く気は200%あります。(西島大介)」と書かれている。カラー原稿をはじめ、単行本のカバーイラストやボツカットイラスト、各巻エピソードの紹介やグッズにプロモーションなどのディエンビエンフーに関わるあらゆるイラストを収録した画集。設定資料集や単行本には未収録のまんがも掲載されている。13巻以降の登場人物が載っているなど、『IKKI』版の続きを描くことを諦めていないことが伝わる一冊。

―― トーナメントの戦いってわりとSF的みたいな感じになっていきましたよね。

西島 そうですね、バラバラ死体を集めて捏ねて作ったドローンとか出てくるし、ティムもロボットになっちゃっいましたね。

―― 登場人物が空を飛んでたし、自分の力ではなくて完全に機械の力だったりロケットの力で飛んで戦ってる時点で世界観がグチャグチャにはなってましたよね。

西島 おばあちゃんとか初期でもミサイル乗って飛んだりしてるけどね。でも確かにホーチミン・カップは、まさに「まんが・アニメ的想像力」の完成型だし、角川的かもしれません。文学、ティム・オブライエンからは遠い印象。でも、トーナメント参加国としてフランスやニュージーランド、中国が出てくるのは史実だし、古代オリンピックは戦争を止めてまで開催していたわけだから、ベトナム戦争中にトーナメント・バトルがあることは間違っていない。
ただ、理屈はそうであっても、まあ驚きますよね。でも僕メチャクチャな展開、理解できない衝撃が好きで、本当にとんでもない映画を観たりだとか本を読んで外を走り出したくなるような気持ちになるでしょ。こんなことありかよって、そういう瞬間を常に求めてる。

―― あれを目指していたってことなんですか?

西島 いや、トーナメントバトルは設定していましたが、あそこまでハチャメチャではなかった。やはり「未完」への反動や憤りも強くありますね。角川に続いて『IKKI』でもか、と。

1 2 3次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy