ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

城田優、ブラジャー着用で人生初の女性役「汗疹が…」

高身長ハーフ俳優の城田優が、人生初のヒロイン役に挑戦したゾ!それは2月17日スタートのWOWOW「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」(午後10:00スタート)でのこと。

5股男の星野(高良健吾)が、謎の組織から送られてきた高身長毒舌怪女の繭美(城田)に監視されながら、5人の女性たちに別れを告げていく。作家・伊坂幸太郎による原作を、初めて連続テレビドラマ化した。

城田は、金髪ロン毛にブラジャーを着用してプロレスラー並みの体格を持つ謎の女・繭美を熱演。15日に都内で行われた舞台挨拶では「人生最初で最後のヒロイン役です」と開口一番笑わせて「オファーを聞いたときは『え?女役?』となったけれど、そんな面白いオファーが来るなんて、脚本を読まずして直感的にやりたいと思った」と二つ返事で引き受けたそう。

エステに通い、腕毛脱毛にもチャレンジ。夏場の撮影にも関わらず、全身黒づくめの衣装に、ブラジャーも着用。一体何カップだったのか気になるところだが、城田は「胸元に汗疹ができた」と女性ならではの悩みを疑似体験したという。

女性といえども、その性格はかなりの罵倒オラオラ系。城田は繭美を「第三の性」と捉えて、プライベートでも役柄を意識。その結果、普段は“LOVE&PEACE”な城田も「撮影期間中はずっとナイフを尖らせていたような印象。だからイライラしていて、親友とも初めて喧嘩した。撮影のあった去年の夏はオラオラ系。健吾の心も包丁でたくさん刺しました」と熱の入れようを報告した。

罵倒の標的になった主演の高良は、撮影中に城田から「ゴミ」呼ばわりされたそうで「おはようございますから入って、そこからずっと罵倒。撮影当時は食事が美味しくなかった」と苦笑い。だがそれにも関わらず「優くんがする罵倒は不思議と下品じゃない。トゲトゲしい言葉が面白かったし、気持ち良かった」とドMマインドで「それに撮影が終わった今の優君は優しい」とデカすぎる器を見せていた。GALAC(ギャラク) 2018年3月号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy