ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クリント・イーストウッドの息子、カイル・イーストウッドがあの曲を披露!

クリント・イーストウッドの息子、カイル・イーストウッドがあの曲を披露!
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。2月15日(木)は、パリを拠点に活躍するベーシストで作曲家のカイル・イーストウッドさんをゲストにお迎えしました。

「昨日(14日)、日本に来たばかり」というカイルさん。その前は北京で演奏しており、時差調整はバッチリ。「北京のブルーノートで演奏していたんだ。演奏はすごくよかったけど、とても寒かったよ」と話していました。

お父さんは、ジャズファンとしても知られる俳優で映画監督のクリント・イーストウッドさん。カイルさんはカリフォルニアで生まれ育ち、幼い頃からジャズに親しんでいたそう。「父も母もジャズファンで、子どもの頃から楽しむ機会も多かったよ。モントレー・ジャズ・フェスティバルに9歳の頃から行って楽しんでたよ」と振り返りました。

楽器歴については、6〜7歳位からピアノを始めたとのこと。お父さんはどんな人だったかという質問には「そんなに厳しくなかったよ」と話していました。

そんなカイルさんは、パリを拠点にして13年になります。「ニューヨークにもいて、そのあと演奏でよくヨーロッパに行ったんだけど、気がつけば13年。パリは、さまざまな形で刺激を受ける場所だよ」と語りました。最新アルバム「In TRANSIT」もフランスで録音したものです。作品名には「音楽そのものが前に向かっている」という意味を込めているそう。

オンエアでは、映画『ニュー・シネマ・パラダイス』からエンニオ・モリコーネの「Cinema Paradiso」を、キーボードのアンドリュー・マコーマックさんとともに生演奏。「朝早くの演奏も悪くないね」と演奏後に語っていました。

カイルさんはこれまでに何度も来日しています。最後に日本の好きなところを訊くと、「日本食が好きだね、特に寿司の大ファンなんだよ。日本ではいつも楽しいひと時を過ごしているよ」と答えてくれました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy