ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

明日から始めるヘアケア習慣。インバス・アウトバストリートメントってどう使えばいいの?

明日から始めるヘアケア習慣。インバス・アウトバストリートメントってどう使えばいいの?

ヘアアレンジもヘアカラーも綺麗なヘアスタイルは美髪ありき

ヘアアレンジもヘアカラーも綺麗なヘアスタイルは美髪ありき

今もヘアカラートレンドは継続して寒色系カラー。昔はドライなイメージでメンズ人気のある色味でしたが、カラー剤の進化により寒色は透明感が出る色味になり、いわゆる外国人風を演出するには欠かせなくなりましたね。
でもツヤ感の逆のイメージのカラーだけに、しっかりとしたケアが無いと台無しです。ハイトーンなら尚更。ヘアアレンジもそうですね、パサつきはアレンジの敵です。
ということで今回はヘアケアについてのお話です。

ヘアケアアイテムの種類(インバス・アウトバスの違い)

ヘアケアアイテムの種類(インバス・アウトバスの違い)

いきなりですが「インバス」「アウトバス」という言葉を聞いたことがありませんか?
簡単に言うと前者は洗い流すタイプ、後者は洗い流さないタイプのことです。

代表的なインバスにはリンス、コンディショナー、トリートメントがありますね。各社コンセプトやアプローチの違いはありますがリンス~コンディショナー~トリートメントの順にダメージケア効果が高いと考えて良いかと思います。
たまにサロンのお客さまで「全部使って頑張ってる!」って方もおられますが、全部揃える予算でサロントリートメントを購入して一本化するのも効率的ですね。

トリートメントの使い方と大切なポイント

トリートメントの使い方と大切なポイント

インバストリートメントの基本的な使い方は、シャンプー後の濡れた髪の毛に手ぐしを通し、水気を少し絞って毛先にトリートメントを馴染ませます。ダメージがある部分は毛先です。根元、ましてや頭皮には必要ないですよ♪
この後はケア剤に合わせて時間をおいて、シャワーで軽く洗い流したら完了。アウトバストリートメントでケアしてドライしましょう。

加えて大切なことは自分に合ったヘアケアアイテムを使うこと!
「これが流行ってる」「有名人が使ってる」は魅力的ですが、髪質やダメージ履歴は人それぞれ、お悩みの方はサロンで相談することをオススメします。

美容師/福原慶之(intim hair)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy