ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オスカー・アイザック、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』と『アニヒレーション』を同じ日に撮ったエピソードを明かす

オスカー・アイザック、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』と『アニヒレーション』を同じ日に撮ったエピソードを明かす

オスカー・アイザックに不可能はないのだろうか? アイザックは、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』と最新映画『アニヒレーション』(原題)(2018年2月23日に全米公開予定)の撮影を同時期にしていたというが、驚くべきことに、同じ日にこの2作品の撮影をすることさえあったという。

これは、映画サイト『/Film』によるインタビューで明かしたもので、アイザックは、「朝に撮影してから少し休憩をとって、それからまた切り替えていた。だからずいぶん無茶してたと言えるね」と語っている。

アイザックは、自身が演じる『スター・ウォーズ』のパイロット、ポー・ダメロンの格好のまま『アニヒレーション』の撮影セットを訪れたことや、さらには、『スター・ウォーズ』のロケ用トレーラー車を『アニヒレーション』撮影時に使ったこともあったそうだ。

アイザックは、「(撮影をしていて)少しだけ『ピーウィーの大冒険』を思い出したよ。撮影現場にいたら色んな役者さんたちが次々と周りに寄ってくる感じ。・・・撮影に費やせる時間もあまりなかったから、リハーサルすら十分に出来なかったよ」と大忙しの撮影を振り返った。

『アニヒレーション』では、SFスリラー映画『エクス・マキナ』のアレックス・ガーランド監督がメガホンを取り、主演オスカー・アイザックと再タッグを組む。同監督は、アイザックの過密な撮影スケジュールを実現出来たのは、『最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督とプロデューサーのラム・バーグマンのお陰だと感謝を述べている。「ジョンソン監督たちには、インディ映画出身というバックグラウンドがあるからこそ、ここで、史上最も大きいと言えるような映画を作っているし、私たちに信じられないほど協力してくれたんだと思う」。

「ほとんどの大きなプロダクションは、このようなことをしようという夢さえ見させてくれないだろう。それなのに、あの『スター・ウォーズ』を撮りながら、隣の本当にちっぽけな映画を助けるようと無理をしてくれたんだ」。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ザック・エフロンが新作コメディ『The Beach Bum』で大変身!衝撃的な姿に反響
『ジャスティス・リーグ』でカットされた、黒のスーパーマンスーツの登場シーンが公開
ホアキン・フェニックスがジョーカー単独映画のジョーカー役を交渉中
マーゴット・ロビー、激似と噂のあの女優とついに対面!
キアヌ主演の『ビルとテッド』シリーズ第3弾、制作にゴーサインが出ない理由とは?

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy