体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フリゲ探索RPG『ALICE HOLE』 名作の遺伝子を引き継ぐ迷宮を制して、立ちはだかる困難を“克服”せよ!

RPGといえばドラゴンクエストやファイナルファンタジーのように、冒険をしながら物語を進めていくタイプのものを思い浮かべる人もいると思います。あるいはウィザード・リィや世界樹の迷宮のように、冒険者を編成して3Dダンジョンに潜るゲームを思い浮かべる人もいるでしょう。

市販されているRPGにはいくつもの系譜があるのと同じように、フリーゲームにも脈々と受け継がれたRPGの派生ジャンルというものが存在します。例えばマップのない”ノンフィールドRPG”など、画期的なゲームシステムが後の作品に受け継がれるケースが多々あります。
 
image9
 
さて、今回紹介するフリーゲームは、2D見下ろし型のダンジョン探索RPG『ALICE HOLE』です。作者は黒木静氏。小さな部屋で目覚めた主人公の少女アリスが、「フランシスカに会わなければいけない」というわずかな記憶を頼りに、広大な迷宮を渡り歩いて彼女を探すという内容です。

本作はダンジョンの探索に重きを置いた長編RPGで、ボリュームも難易度も歯ごたえのあるものになっております。無数のモンスターやトラップ、複雑に入り組んだ道筋、そして凶悪な敵の猛攻など一筋縄ではいきません。一方でダンジョンには隠された宝が大量に眠っており、一度始めると止め時が分からなくなる魅力もあります。綿密なマップデザイン、読みごたえのある世界観、白熱するバトルなど、往年のフリーゲームファンにこそ特にオススメしたい魔性の迷宮の物語を、今回もじっくりと紹介していきます。

謎に満ちた世界で、アリスは真実を求めて旅立つ

主人公のアリスは、見知らぬ館で目を覚まします。ここはどこなのか、そもそも自分は何者なのかさえ分かりません。唯一の記憶は、夢で「フランシスカ」と呼ばれるメイドが自分を残してどこかに出かけていったことのみ。アリスは手がかりとなるフランシスカを探すため、館の扉から繋がる異世界へ足を踏み入れます。
 
image16
与えられた情報は限りなく少ない。フランシスカを追うためには自分の足で探索する他ない。
 
扉の外は凶悪なモンスターが徘徊しており、魔法も技も使えないアリスが冒険するには危険が伴います。そんなアリスを助けてくれるのは、少女の姿をした「心象」と呼ばれる存在です。彼女たちはゲーム開始時にいくつかの質問に応えることで仲間になり、強力な攻撃や回復などを駆使して戦ってくれます。心象はアリスの感情を司る存在らしいのですが、彼女たちもまた記憶を失っており、詳しいことは不明です。
 
image4
心象は全員で7人。プレイヤーごとに最初に仲間になる心象は変わってくる。
 
数々の謎に満ちた世界で、アリスはいくつもの難関を突破して、無事フランシスカを見つけられるでしょうか?

危険な迷宮を探索し、隠された財宝を見つけ出せ!

本作のスタート地点となる館は、「太古の風穴」「古代王の墓」など、扉を開けるといくつものダンジョンに繋がっています。ダンジョンはどれも広大で複雑。行き先はプレイヤーが自由に選べますが、どこもかしこも大量のモンスターが徘徊しており、トラップが仕掛けられている場所もあります。中には簡単に全滅するほど凶悪な敵が待ち受けている場所もあります。
 
image2
 
image7
 
image6
圧倒的な数の敵や危険なトラップ。準備不足は命取りになる。
 
その代わり、ダンジョンには数百近い宝箱が設置されており、敵をかい潜って宝箱に辿り着けば、敵に対抗できる強力な装備品が手に入ります。本作では武器や防具に属性が備わっており、弱点を突けば大ダメージを与え、耐性を付ければ猛攻をしのぐことができるのです。
 
image5
しっかりと育成し属性を有効に活用すれば、ハック&スラッシュのように敵をサクサク倒せる。
 
宝箱は巧妙に隠されており、マップの違和感がある場所を調べてみると、隠し扉や隠し階段が見つかることがあります。なにげない壁の不規則な部分、奇妙なほど何もない空間の床、強敵が立ち塞がる入り口の奥……。そういった怪しいところには、財宝が眠ってる可能性が高いです。
 
image13
広大な迷宮から隠された宝を探し当てるのは至難のように思えるが、よく観察すればヒントが見つかるはず。
 
しかし、どんな装備が手に入ったところで、道中戦闘に負けてゲームオーバーになってしまうとそれまでの苦労が水の泡に。本作では「帰還の宝珠」というアイテムを使えば一瞬で館に戻ることは可能です。それでも次から次へと宝が見つかるため、もう帰ったほうがいいか、それとももう少しだけ粘るか、プレイヤーを惑わします。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。