体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

”さいきょうのヒーロー”に憧れる「残念少女」の殺戮劇!? 問答無用の痛快アクション『Bleed』

20180122174251_1
 
西暦20XX年、超能力者、ドラゴン、ロボット、芋虫、果てはゲル状のなにかまでもがヒーローとして祀り称えられる黄金時代が到来した。
 
20180122174309_1
 
それから100年後の西暦21XX年。
かつてヒーローと称えられた者達は揃いも揃って堕落。世間も彼らの事を忘れるだけでなく、堕落後もヒーローとして居座り、過去の栄光にすがり続けているため、世代交代も進まずにあった。

”さいきょうのヒーロー”に憧れる少女「Wryn」は、まさに彼ら旧世代のヒーロー達が現役であるがためになりたくてもなれないジレンマに陥っていた。どうすれば、新しいヒーローになれるのか。
おつむが残念な彼女の答えは実にシンプルだった。

「そうだ。昔のヒーロー、全員ぶっ殺しちゃえ♪」

かくして時代を変える為の殺戮の宴が幕を開く!
 
20170704002305_1
 
そんな物騒すぎる物語を描いたアクションゲーム『Bleed』を今回紹介する。

カナダ・トロント在住の個人開発者Ian Cambell氏(BOOTDISK REVOLUTION)によって制作された本作は、2012年にXbox LIVE インディーズゲームとしてXbox 360向けにリリース。翌年にはPC版もCambell氏の個人サイト、ゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて配信された。2017年にはPlayStation 4、XboxOneにも移植され、同年12月にはNintendo Switch版もリリースされている。(※いずれも海外のみ)

銃火器とスローモーションで戦う、華麗なるアクションシューティング

20180129001041_1
 
ご紹介の通り、本作でプレイヤーが操作するのがこの「Wryn」と呼ばれる少女だ。
そして、物語の導入部分から明らかな通り、「アホの子」である。タイトル画面でホットコーヒーの隣にストロベリーサンデーを置いて、一緒に飲み食いしていることからも明らかだ。
シャレオツに「アホガール」とでも言っておこう。

しかし、戦闘能力は並外れていて、ピストル(連射機能付き)、ロケットランチャー、更にはカタナと言った武器を巧みに使いこなし、周囲の時間を遅くする「スロータイム」なる特殊能力を持っている。この特技を駆使して、堕落したヒーロー達に天誅喰らわし、肉片一つ残らない程度に惨殺して、22世紀を象徴する新しいヒーローになるのが最終目標だ。物騒極まりないが、おつむの残念な彼女はそれぐらいしか思いつかなかったのだ。多めに見てあげましょう。
 
20180122174422_1
 
ジャンル的にはステージクリア型のアクションシューティングとなる。弾数制限なしの銃火器を乱射して迫りくる敵をバタバタと撃ち落とし、最後に待ち構えるボスの撃破を目指す、80~90年代に盛んになった「ラン&ガン」のスタイルを踏襲している。

ゲームデザイン面にはこれと言って真新しさは無い。
だが、操作系が特殊。Xbox360コントローラでプレイした際のアサインになるが、左スティックで移動、右スティックで射撃、RTボタンでジャンプ、LTボタンで「スロータイム」、他のABXYボタンはほとんど使用しない、いわゆる「ツインスティックシューター」の形式を採用している。
 
20180122180003_1
 
その為、銃火器で攻撃する際には360度自由に狙いを定め、立ち止まる必要もなく、縦横無尽に撃ちまくれるので、非常にテンポ良く攻撃を展開していけるようになっている。
 
20170728230344_1
 
「スロータイム」の能力も特徴の一つ。先述の通り、LTボタンを押している間、Wrynを始めとする全ての動く対象の速度を遅くすることができる。これを用いて敵が目にも止まらぬ速さで放ってきた攻撃を潜り抜け、その隙を突いて攻撃を叩きこむ超人的戦術を展開できる。

しかし、発動の度に専用のゲージを消耗するので、延々と使い続けることはできない。ゲージは自動で回復するものの、空まで使い切ると再度使えるようになるまで数秒待たされるペナルティも課せられるので尚更だ。それゆえに”ここぞ”という時に使う事が重視される。
 
20180122182116_1
 
その分、適切な場面で発動させる癖が身に着けば「蝶のように舞い、蜂のように刺す」の立ち回りができるようになる。ジャンプのアクションと併用すれば、よりそれっぽい動きに。実は本作、最大三回までの空中ジャンプが可能で、その際に移動に用いる左スティックで方向調整をすれば、決めた方向にWrynが流れるように飛んでいくのだ。
 
20180129000015_1
 
上手くスロータイムを絡ませれば、プレイヤー自身が「ゾクッ」としちゃうスタイリッシュな回避を決めれたりも。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。