ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

年間ビール消費量は日本の3倍以上!チェコでピルスナービールを堪能してきた

年間ビール消費量は日本の3倍以上!チェコでピルスナービールを堪能してきた

みなさま、こんにちは!フリーランスフォトグラファーのwacameraです。

年間ビール消費量は日本の3倍以上!チェコでピルスナービールを堪能してきた

wacamera

フリーランスフォトグラファー。ブライダル、キッズ、ファミリーの人物撮影や商品撮影に携わる。趣味ではシルエット写真を得意とし、メルヘンファンタジーをテーマとした写真をinstagramにて配信。現在では、15万人以上ものフォロワーを抱えるインスタグラマーとしても活躍。
@wacamera:https://www.instagram.com/wacamera/

皆様にお付き合いいただいたこの「wacameraチェコにいく!」ですが、いよいよ5回目、最終回となってしまいました。どうぞ最後までお付き合いください!最後はプラハの続編とピルゼン編、まとめてどうぞー!

 

可愛い雑貨屋やカフェが立ち並ぶプラハ

プラハには可愛く洗練されたデザインの雑貨屋さんが非常に多く、お土産には困ることはありません。その中でも私が立ち寄りたかったお店がこちら、Papelote。

シンプルで無駄のないデザイン、でも上質で長く愛せる紙の文具たち。全てこのお店のオリジナルデザインでチェコ国内で作られています。正にMade in Czech。

撮影許可をもらってたくさん写真を撮ってしまいました。「この色はないですか?」とスタッフに尋ねたらすぐに対応してくださるなど、居心地のいい空間。

私ここに住めるな、そう思ってしまうほど素敵なお店で、私はここで英語の勉強をしている娘に上質なノートと、文具好きなお友達にお土産を買いました。

Papeloteの近くを歩いているだけで、何店舗も可愛いお店を見つけることができます。ウィンドウショッピングも楽しいし、写真を撮りながら散策するのも楽しいですね。

プラハにはカフェも多く存在します。それも素敵で可愛いお店ばかり。私は2つのお店にお邪魔してきました。1つ目はBook cafe KNIHKUPECTVI。

夜にはお酒も提供されているこのお店は、気軽に本を読んだりコーヒーを楽しんだりできます。

気取らずに入れる雰囲気で、地元も人たちに愛されているカフェのようです。

2店舗目はGarden Restaurant & Boutique Cafe。入り口からして可愛い雰囲気漂うこのお店は、ガーデニング用品を販売するお店が併設されています。

庭のないマンション住まいの私ですが、無駄にあれこれ欲しくなってしまい写真を撮りながら、自分のお土産に買うか迷ってしまいました。

大人気のお店らしく、店内は満員だったので撮影は控えましたが女性だけに限らず、年齢も幅広い人たちで賑わっていました。

私はお邪魔したのが夕飯前ということもあり、必死に言い聞かせてケーキはなんとかかろうじて我慢しましたが、撮影中ずっと頭の中はこの美味しそうなケーキを頬張る自分しか浮かんできませんでした。次に行った時は、ぜひケーキも食べてみたいなと思います。

関連記事リンク(外部サイト)

謎に包まれた空間。チェコ第2の都市・ブルノの800年閉ざされていた納骨堂で感じたことは
教会で偶然立ち会えた奇跡に思わず涙…インスタグラマーが見つけたオロモウツ・ミクロフの魅力
まるで映画の世界!「世界一美しい街」と称されるチェコの街・プラハの魅力に迫る
モルダウ作曲家のスメタナが生まれた街。チェコのリトミシュルで彼の軌跡に触れる旅へ

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy