体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オープンキャンパスって何!? 入学前に必ず行っておいた方がよい理由とは

進路を考える高校生向けに、大学や専門学校が開催する「オープンキャンパス」。

 

学校の先生から「オープンキャンパスには必ず行くべき!」と言われたり、オープンキャンパスへの参加が夏休みの宿題になっていたりする人も多いのでは?

 

オープンキャンパスに参加したことがある

 

実は、リクルートが2016年に行ったオープンキャンパスに関するアンケートによると、全国の高校生4424人のうち91.8%が「オープンキャンパスに参加したことがある」と回答!

 

オープンキャンパス参加校数は?

 

オープンキャンパスに参加したことがある

 

※出典:リクルートマーケティングパートナーズ「進学センサス2016」

 

 

さらに、「参加したことがある人」は平均3~4校のオープンキャンパスに行っていて、94.9%の人が「進路決定に役立った」と答えていることが明らかに。

 

でも、そもそもオープンキャンパスって何をするところなんだろう?

 

どうして行っておいた方がいいの?

 

そこで、「高校生の進路選択」に詳しいリクルート進学総研所長の小林 浩さんに、オープンキャンパスについて詳しく聞いてみることに!

【オープンキャンパスとは】

オープンキャンパスとは、“その学校が自分に合っているか“を見極める場所

 

【学校説明会】

授業内容だけでなく卒業後の就職先や資格の解説も!

 

【個別相談会】

授業内容だけでなく卒業後の就職先や資格の解説も!

 

【キャンパスツアー】

学校内を見て回ることで、リアルな大学生活がイメージできる!

 

【模擬授業/体験実習】

実際の授業や実習に近い内容を体験して、本当に興味がある分野かジャッジ!

 

【その他】

自分にとって”通学しやすいか”がわかる!


オープンキャンパスとは、“その学校が自分に合っているか“を見極める場所

オープンキャンパスとは、“その学校が自分に合っているか“を見極める場所 「オープンキャンパスは、大学や専門学校が“学校のウリ”や“特色“をアピールする場所です。

 

偏差値や就職率などの数字や、パンフレットに記載されている文字情報だけではわからない『キャンパスの雰囲気』や『授業内容』などのリアルな学校の様子を伝えるため、学校側がいろいろなイベントを開催しているんですよ」

イベントに参加して学校の特色を知ることで、“自分に合う学校かどうか”を見極めることもできるとか! 『広々としたキャンパスがウリ』だとしても、自分にとっては『広すぎて移動が大変』と感じるかもしれませんよね。

 

また、大規模大学でたくさんの学生たちと授業を受けるほうが『個性が出せていいな』と感じる人もいれば、小規模大学で、先生との距離が近いほうが『質問がしやすくていい』と感じる人もいます。

 

授業のスタイルや学校とは人それぞれの相性があるので、自分の目で実際に学校を見ることで、本当に“自分が求める”学校かどうかがわかると思いますよ」

毎日通う学校だからこそ、自分の目で見て選ぶことが大切なんだ!

 

では、実際にオープンキャンパスではどんなことが行われているの?

 

具体的に教えてもらうことに!

 

【学校説明会】 

授業内容だけでなく卒業後の就職先や資格の解説も!

ほとんどのオープンキャンパスで行われている学校説明会。

 

「どんな学部があるか」「その学部ではどんなことが学べるか」といった授業内容を詳しく解説してくれるので、学部名のイメージだけで選んで入学後に後悔した…なんて失敗を防げる! 「現在、大学には、経済学部や経営学部、商学部や農学部、理学部や工学部など、700種類以上の学部があると言われています。

 

さらに、同じ学部名でも各学校によってカリキュラムの編成や授業内容が異なるので『うちの学校の経済学部ではこんなことが学べますよ』という説明は、入学前にきちんと受けておくといいですね」

先輩たちはどんな分野に就職したのか

 

ほかにも、「先輩たちはどんな分野に就職したのか」「どんな資格を取ることができるのか」といった卒業後の進路に関することや、「単位の取り方」「時間割の組み方」といった大学ならではのしくみについても解説!

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。