体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

狭いワンルームや1Kを広くオシャレに! インテリアコーディネート術6選

知っている人だけトクをする! 狭くてもすてきな部屋の作り方

オシャレな暮らしにあこがれて引っ越しや模様替えをしたのはいいものの、しっくりこないままの人も多いはず。部屋は狭いし、センスもないし、高級家具をそろえるお金もない。

今回は、そんな迷える「インテリア子羊」の悩みをズバッと解決! インテリアアドバイザーの鈴木理恵子先生に、お金をかけずに狭いワンルームや1Kの部屋でもオシャレに見せる方法を聞いてきた。悩み①.ワンルームをどうにか仕切りたい!家具を上手に使ってアレンジを

かっこいいと思ってワンルームにしたけど、やっぱりリビングと寝室は別々にしたい……なんてことはないだろうか。ワンルームだから部屋を仕切るなんて無理なのでは……と思っている人も多いと思うが、実は家具を上手く使えば圧迫感なく仕切ることができる。

高さ90cmまでの家具なら圧迫感なく空間を仕切れるし、高さ120cmまでの家具なら、しっかり仕切ってこもり感のある空間をつくることができるのだ。これなら広さは損なわれない。
家具の配置を変えるだけでスペースを仕切ることができる

家具の配置を変えるだけでスペースを仕切ることができるつっぱり棒とカーテンで開閉式の間仕切りに

最も手軽でしっかり仕切れるのがこの方法。これなら来客があった時は閉めて寝室を見えないようにしたり、1人の時は開けて広めのワンルームのまま使ったりと、臨機応変に対応できる。
手軽だし低コスト!

手軽だし低コスト!ソファの位置を工夫するだけでも見違える!

リビングと寝室を分けたい場合、リビングのソファに座った時に視線が寝室側に行かないようにするだけでも独立感を作ることができる。仕切りをつくる時は、仕切りに視線が向くと圧迫感があるため、視線の向きを意識してソファを配置しよう。
ソファの位置と向きが大事

ソファの位置と向きが大事悩み②.狭い部屋を今すぐ広く見せたい!

この広さで十分だと思っていたのに家具を入れたらすっかり狭くなってしまった……、なんて経験のある人も多いはず。そんな時は「抜け感」を意識するだけで、すっきり広く見せることができる。

部屋の面積は変えられないが、視線の「抜け感」を意識するだけで、部屋が広くなったように感じる。床面が分断されない脚付き家具や、細めラインの家具で「抜け感」を作る

床面や空間に「抜け感」をつくることで、同じ広さ・家具の配置でも広く見せることができる。例えば、ソファや家具を脚付きにすると、床面が分断されず広く見える。また、どっしりと重厚な家具は重く見え、狭い部屋には不向き。
イスならば背板が板状のものより、桟状のようなすらりとした細めラインの家具を選ぶとよい

イスならば背板が板状のものより、桟状のようなすらりとした細めラインの家具を選ぶとよい「抜け感」のあるオススメアイテム

センターテーブル ダラス(ニトリ)
実勢価格:9,900円(税込)
透明なガラステーブルならば、床が透けて見えるので部屋が広く見える。もちろん、机の上を片付けておくのが大前提だ。
センターテーブル ダラス|ニトリ

センターテーブル ダラス|ニトリ家具の並びの凹凸をなくす

奥行きの違う家具の場合、なるべく面積を多く取ろうと壁に寄せて配置してしまいがち。実は、手前側に位置をそろえて横のラインを真っ直ぐにするほうが、すっきりと広く見える。
手前側のラインを意識して家具の凹凸をなくそう

手前側のラインを意識して家具の凹凸をなくそう大物家具・ベッドを賢く使う

部屋のスペースを大きく占めるベッドの使い方でも部屋の広さは左右される。ソファベッドや収納付きベッドの他に、ロフトベッドもオススメ。下段にソファやデスクを配置すれば、空間を有効活用できる。
ロフトベッドなら部屋が広く使える

ロフトベッドなら部屋が広く使える悩み③.まず、何色を選べばいいの!?

インテリアを選ぶ、配置する基準は上記のとおりだが、そもそも、何色を選べばいいのかわからないという人もいるのではないだろうか。

答えは簡単。「白」である。家具探しは白べースから始めるのがオススメ。色だけではなくトーンや素材感にも気をつけよう。白をベースにすれば広々&合わせやすい!

ベースが白なら模様替えでどんなテイストにも変えられるので便利。インテリアのベースとなる床や壁の色を白にすると、明るい色の面積が大きくなり、部屋が広く見える。

どんな色とも合うので、白をベースに家具や小物で色を足していくとまとまりやすい。
インテリア初心者は「白」ベースから始めるべし

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。