ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マドンナのライブも手がけた!デジタルアート集団が日本で…

マドンナのライブも手がけた!デジタルアート集団が日本で…
J-WAVEで2月12日(月)にオンエアされた番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL KAMARQ presents EXPAND YOUR WORLD」(ナビゲーター:サッシャ)。価値観や既成概念を打ち破る「革新」に注目したスペシャル・プログラムです。

13時台は、カナダ・モントリオールに拠点を置くマルチメディア・プロダクション「Moment Factory」から共同創業者のドミニク・オーデットさんと東京オフィスのマッカンドレ・バリルさんの2人がゲストに登場。マドンナのライブ演出も手がけた彼らの日本での展開を伺いました。

テクノロジーを使ったエンターテインメントをつくりだしているMoment Factory。シルク・ドゥ・ソレイユやレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、マドンナらのライブ演出、スーパーボウルのハーフタイムショー、サクラダ・ファミリアのアーキテクチャーマッピング、ロサンゼルス国際空港の空間演出などに関わってきました。

マドンナのスーパーボウルのハーフタイムショーについて話を訊くと、開催2ヶ月前にオファーされて時間がなかったことや、「ハーフタイムに、舞台を組み立てるのに12分、バラしに4分」と時間が限られていたことかプロジェクションマッピングという表現方法を選択したこと、「会場だけでなくTVで見てもおもしろい内容」を目指し、フィールドが動くプロジェクションマッピングを実現したことなど裏話を明してくれました。

東京のオフィスを開設したことについて、「カナダから一番遠いアジアは時差もあり冒険的な部分はあったけど、近年中国、台湾、香港、シンガポール、日本とアジアからの要望が増えてきたなかで、2年前に日本から強い要望があった。文化、自然、テクノロジーなどを含め自然な繋がりができた。ビジネスサイドよりは自分の興味から日本でやろうと思ったんです」と理由を明かしてくれました。

日本では今後、「LUMINA(ルミナ)」「AURA(オーラ)」という作品を発表予定だそう。

「ルミナ」は、夜に1時間ほど歩くナイトウォーク。自然の中で、ロケーションあったストーリーを体験するプロジェクション・マッピング。「コンサートで学んだ技術と魔法を応用してみなさんにお見せしたい」とマークさんは語っていました。

一方の「オーラ」は、“建物にまつわるストーリー”を伝えるもの。カナダでは教会で行われ、子どもたちが教会という神聖な場所に戻ってくるきっかけになったとか。日本でも、どこか象徴的な建物で行なう予定とのことです。

最後にMoment Factoryの成功の秘訣を伺うと、ドミニクさんは「Moment Factoryには先端の技術を持っているだけでなく、世界の質の高い人たちが集まっている。プロジェクション・マッピングやVJのプロジェクトをする際に、プロジェクション・マッピングやVJの専門家だけでなく、建築家やデザイナー、ときには行政の人など、『箱の外側から見る』ことで新しいイノベーションを起こすことを常にやっています。テクノロジーには実験をする余裕を与え。そこに人と予算を組む。たとえ予定と違うものができても、新しいアイディアのきっかけになるのです。あと、失敗を恐れないこと。ミスなくプロジェクトが進んでいると『もっとミスするくらいやれ』と推し進めます。ミスがないことはやり尽くしてないこと、ミスを恐れない人材や恐れさせない環境が新しい進歩を生み出すと考えています」と話してくれました。

まだ日本でのプロジェクトの詳細については話せないとのことですが、Moment Factoryがどんな作品を見せてくれるか楽しみですね。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL KAMARQ presents EXPAND YOUR WORLD」
放送日時:2月12日(月) 09:00-17:55
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/holiday/20180212/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy