ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒュー・ジャックマン&キアラ・セトル記者会見、話題曲「ディス・イズ・ミー」の影響力に涙

ヒュー・ジャックマン&キアラ・セトル記者会見、話題曲「ディス・イズ・ミー」の影響力に涙

 『レ・ミゼラブル』の熱唱で世界を泣かせたヒュー・ジャックマンが、『ラ・ラ・ランド』で【アカデミー賞】を受賞した才能溢れる音楽チームと組んで完成させたミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』の来日記者会見を2018年2月14日、都内某所で行った。

 会見には、『LOGAN/ローガン』のプロモーション以来約9か月ぶりの来日となるヒュー・ジャックマンと、本作で髭の生えた女性レティを演じ、劇中曲「ディス・イズ・ミー」が注目のキアラ・セトルが登壇した。親日家でも知られるヒューは「オハヨウゴザイマス。そして、ハッピー・バレンタインデー! 女性が男性にチョコレートを贈る習慣がある日本に来られて嬉しいです。まだキアラから貰ってないんだけど…」と冗談を飛ばすと、キアラは「あげません(笑)」と即答するやり取りが見られ、ふたりの親近感が感じられた。

 この映画の注目はやはり、劇中で繰り広げられるミュージカルナンバーだろう。映画賞にノミネートされ、ここ日本でも先日、バブリーダンスで知られる登美丘高校ダンス部が「ディス・イズ・ミー」を踊った映像が公開されるなど、その注目度は高い。この曲を歌うキアラは「この曲を初めて聴いた時、逃げようとしたんです。他の誰かに頼んでって言いました。この曲のプロセスを通じて学んだのは、音楽という言語はどんな言葉をも超えるということ。ストーリーでは語りつくせないものを言葉がチューンに乗ることで語ってくれるんです」と語る。そしてその曲の影響について語ると「今でも毎日もがいているのと同時に感謝もしています。この曲を聴くたびに、自分が信じているものを信じていいんだと、そして一歩ずつ前進させてくれる力を貰っています。登美丘高校のダンス映像を見ていると、私も希望を感じますし、自分のことを信じられるような気がします。自分がそれほど孤独ではないんだと、実感することが出来ました。倒れてもまた立ち上がればいいんです」と、涙ながらに語り、その熱弁に会場からも拍手が送られた。

 ヒューもこの「ディス・イズ・ミー」が一番好きだと言う。「キアラがこの曲を歌うのをモニター越しで観て、泣きました。人間とはどういうものなのかを、正直に描いています。良いことに対しては、みな正直でいられますが、恥ずかしい部分になると、それが難しい。この曲をキアラが歌い、心のまま歌うキアラを観るたび、毎回感動します。生きることは大変だけど、その甲斐があると感じられます」と語った。最後に、ヒューは公開を待ちわびている日本のファンに向けて「完成までに8年もの歳月をかけました。この映画を観た後は、心の中も外も笑顔でいっぱいになるでしょう。楽しんでください!」とアピールした。映画『グレイテスト・ショーマン』は2018年2月16日(金)より公開。

◎公開情報
『グレイテスト・ショーマン』
2018年2月16日(金)より、全国ロードショー
監督:マイケル・グレイシー
出演:ヒュー・ジャックマン、ミシェル・ウィリアムズ、ザック・エフロンほか
配給:20世紀フォックス映画

関連記事リンク(外部サイト)

ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロンも大絶賛、2月来日キアラ・セトルのインタビュー公開
ヒュ-・ジャックマン「この映画を作るのに7年半かかった」 新作映画で伝説の興行師を演じる
『グレイテスト・ショーマン』ザックとゼンデイヤが恋に落ちるデュエットシーン公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy