ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チョコバットの当たりはパッケージのココが違う

チョコバットの当たりはパッケージのココが違う

「チョコバット」は野球になぞらえた2種類の当たりくじ付き駄菓子の定番。ホームラン1枚かヒット4枚でもう1本もらえます。当たりくじ付き駄菓子はパッケージの印刷のズレで当たりを判別可能。チョコバットも例外ではありません。チョコバットでホームランを当てる方法を紹介しましょう。

チョコバットの当たり確率はシビア

ポソポソとした素朴な食感の「チョコバット」は、1964年に登場して以来、子どもたちの当たり付き駄菓子の定番として親しまれています。そんなチョコバットは野球になぞらえたヒットとホームランの2種類の当たりくじ付きです。

チョコバットでヒットとホームランの文字が印刷されているのはパッケージの裏。当たりが出る確率は、60本入りのパッケージにヒットとホームランが1本ずつとシビアな設定になっています。

当たり付きの駄菓子では、当たりの文字を印刷するパッケージはハズレの商品と印刷ラインや印刷するタイミングが異なっています。どうしても、当たりとハズレでパッケージに違いが生まれるのです。

チョコバットの当たりのポイント

このため、チョコバットはパッケージを注意深くチェックすれば、当たりを引くことが可能です。ポイントはキャラクターの右側にある三立製菓のローマ字表記の「SAN」の文字になります。

このうち「N」の文字が、ハズレのパッケージは右に大きくズレていますが、ヒットのパッケージはほぼズレがありません。さらに、ホームランのパッケージは左にややズレが生じているのです。

具体的には、キャラクター右側「SANRITSU」の「N」の文字に注目。「N」が「くじ付き」の模様の白フチに大きく食い込んでいるものはハズレです。白フチとズレがなければヒット、白フチと文字にすき間があるのがホームランになります。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?
チョコボールのエンゼルは側面の英数字で分かる

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。