体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビュー(vol.1)

分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビュー(vol.1)

 漫画家・西島大介さんの代表作でもあるベトナム戦争を描いた『ディエンビエンフー』は、角川書店、小学館と出版社を変わりながら描き続けられてきた。そして、「ホーチミンカップ」というトーナメントバトルのさなか、12巻で『IKKI』版の『ディエンビエンフー』は物語が完結せずに終了した。物語は未完のままで終わるかと思いきや、双葉社から声がかかり『ディエンビエンフー TRUE END』として連載が始まった。『TRUE END』は最速3巻で完結するということが決まっている。

 2月10日には2巻が発売され、2月14日には双子のライオン堂からベトナムについてのエッセイ漫画『アオザイ通信完全版#2 歴史と戦争』も発売になり、9月には最終巻3巻の発売も決まっている。代表作でありながらも、二度の雑誌休刊に立ち会い、3社の版元を渡り歩くという文字通り「ドロ沼の戦争」「終わりなき戦争」と化した大長編『ディエンビエンフー』シリーズについて、西島さんにお話を聞かせていただいた。

■未完と打ち切りと初めての連載作品『ディエンビエンフー』

―― 新刊『ディエンビエンフー TRUE END』(以下『TRUE END』)の2巻が2月10日に発売になります。双葉社の『月刊アクション』で現在連載されていますが、西島さんは『TRUE END』は最短で3巻で終わると連載開始時から言われていました。

年内に3巻目が出て物語が完結します。この『ディエンビエンフー』シリーズはいくつかのバージョンがあったりして今まで読んでなかった人にはわかりづらい部分があるので、最初にこのシリーズの全体像について聞かせてください。

西島:最初の連載は角川書店から発売されていた『Comic新現実』で、それで角川版全1巻(2005年)が出ました。角川版は、雑誌が休刊してしまい、すぐには移籍先も見つからず未完でした。そのあとに小学館の漫画雑誌『IKKI』で2006年から物語をリスタートする形で連載開始。この『IKKI』版も雑誌休刊に会い、10年続けても完結せず、12巻出してまたもや未完。

『IKKI』版の11巻と12巻はもはや黒歴史というか、「なかったこと」というか、現在ではバッドエンドという形になってます。そして、去年から『月刊アクション』で始まったのが『TRUE END』です。打ち切りが二回。僕に運がないのか、描いていると雑誌の方が勝手に終わってしまう。

―― 西島さんは角川でそのまま続きをやろうとしてたんですね。

西島:あとから聞きましたが、心ある編集さんが移籍のために動いてくれたりはしてくれていたそうです。でもダメで。結局描いたところまでをまとめて、一冊出して終わるしかないということになって、それが角川版『ディエンビエンフー』でした。角川内に移籍先がないから「1巻」と打てなくて、外見だけだとなんとなく一冊で完結する本かのような雰囲気になっています。悔しかったですね。

―― 角川版の後に小学館で連載が始まるわけですよね。『IKKI』の編集さんから声がかかったんですか?

西島:たまたま編集者の知り合いの方を通じて、『IKKI』編集部に五十嵐大介さんの担当編集さんがいて、2005年に五十嵐さんと僕で共同フェアをやったんです。僕の『世界の終わりの魔法使い』と五十嵐さんの『魔女』の「”W大介の魔女ッ娘(コ)フェア”」という名前のフェアで、名前の「大介」と「魔女」つながり。五十嵐大介さんの担当さんが声をかけてくれて、小学館での移籍連載に繋がりました。

―― そうすると角川版から『IKKI』版はあまり時間は空いてないですね。

西島:そうですね。『IKKI』連載開始が角川版刊行の翌年。僕にとって初めての月刊連載。角川版が掲載されていた『Comic新現実』は発売が不定期だったので多くても年に4回ぐらいだったのかな? だから『IKKI』版の『ディエンビエンフー』はもっと本格的な月刊連載ですよね。僕は漫画家になったぞと思いました。

―― 西島さんはデビュー作『凹村戦争』が描き下ろしだったのもあるから、連載だと余計にそう思われたのかもしれないですね。

西島:そうですね。角川の未完があったから『IKKI』で連載を始める時に「この物語は完結をしない、ずっと続ける」と決意していました。

―― そもそも角川版の連載始まった時には、作品としてはどのくらいの長さを想定して描き始めたんですか?

西島:あの時はまだ1巻で完結する作品(『凹村戦争』『世界の終わりの魔法使い』)しか出したことがなかったので、長くても2、3巻ぐらいで終わる感じで想定してました。

―― 角川版が2、3巻で終わっていたら、今みたいな分岐した形にはなってなかったということですよね。

西島:そうですね。あのまま続いていたら、案外サクッと終わっていかもしれない。まさか『IKKI』版を12巻まで出しても終わらなくて、さらに完結編として『TRUE END』を3巻出すとは思ってなかった。やっぱり、角川版が未完になってしまったことが本当に嫌だった。

―― それは掲載誌だった『Comic新現実』が不定期だったし、休刊してしまったことは影響してるわけですよね。

西島:『Comic新現実』は大塚英志さんポケットマネーで作っているような気まぐれで自由な本だったから、急に終わることも仕方がない。でも、「気まぐれな本」っていいよね。

―― しかし、連載してる側からすると掲載誌がなくなって続けられなくなるのは困りますよね。

西島:そっか、よくないか。角川版を刊行した時の実感は「恥」でしたね。ああ、みっともないなって。本として未完成なものを、不完全なものを世に放ってしまった、と。作家として情けない。とても恥ずかしいと感じました。だけど、キャラクターがいいね、続き読みたい、面白いというポジティブな反応があって、その時初めて、ああ漫画読者ってそういう感じで読んでくれるんだなって。漫画ってこれかと。

―― そもそも『Comic新現実』を読んでた人がそこまで多くなかったってのもあるんじゃないですか。

西島:そんなことないですよ。刷られている以上は読んでる人がいるわけなので、僕『Comic新現実』嬉しくてノリノリで描いていましたよ。変わった雑誌だけど、初めての連載だったし。

でも、内容は掲載雑誌への反発ですよね。右と左で切り分けるのは乱暴ですが、大塚英志さんは普通に左翼な方だし、執筆者にもその傾向は大きくありました。じゃあ、そんな雑誌で僕がやるべきことは何だろうと考えて、その逆を行くしかない。思想的に偏りのある雑誌なら、その反対をやった方が目立つし、左翼にとって誇らしい戦争であるはずのベトナム戦争を、軽薄にチャラチャラと描こうというのが、企画の成り立ちです。飼い犬として飼われつつ、飼い主の手を噛んじゃうような。大塚さんとその仲間達の雑誌になるのならば、一人ぐらいは反対をやったほうがいい。この雑誌で僕が受け持つべき役目はこれだなと。

1 2次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。