ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モノホンの元力士が出演 The Slow Mo Guysの“相撲のスローモーション動画”

チャンネル登録者数が1000万人を誇る人気YouTuber“The Slow Mo Guys”が、元力士による相撲のスローモーション動画を公開しています。「Slow Mo」とはスローモーションの略語ですが、“The Slow Mo Guys”はその名の通り“スローモーション動画”に特化したチャンネルです。

Sumo Wrestling in 4K(YouTube)
https://youtu.be/0gDVWPPgMKY

動画に登場する2人の力士ですが、両名ともガチで大相撲の元力士です。

最初に紹介されるYAMAは、現在アメリカでタレントとして活動している山本山龍太氏。『ジョン・ウィック:チャプター2』に殺し屋の役で出演した人です。エド・シーランの『Shape of You』や、ワン・ダイレクションの『Steal My Girl』のPVなどにも出演しています。

対するBYAMBAは、大翔地健太(本名:オランバヤル・ビャンバジャブ)の四股名で土俵に上がっていたモンゴル人です。

はっけよーい、のこった。

多少ダブつき気味のYAMAの肉体が揺れる揺れる。まさに肉の塊。

BYAMBAの顔が歪む歪む。

どすこい。

無謀にもBYAMBAに挑む“The Slow Mo Guys”のDan。そのDanを笑いながら日本語でディスりまくるYAMA。

もはやBYAMBAのおもちゃと化したDan。

『YouTube』上には、「男同士が裸でぶつかりあう相撲は気持ち悪い」という欧米におけるステレオタイプ的なコメントも見かけましたが、“The Slow Mo Guys”が人気YouTuberということもあってか、概ね好意的なコメントが目につきました。

「スロー”スモーション”」
「『YouTube』で一番満足度が高い動画」
「YAMAって”Shape of You(エド・シーランの曲)”のPVに出てたレスラーに似てるな」(実際に出演した本人です)
「YAMAは日本で最重量力士だったかもしれないけど、地元のウォルマートにいる人の半分以上はYAMAより体重あるぜ」
「朝起きて最初にこの動画を見るとは思いもよらなかった」
「この2人の横にいるとDanが痩せて見えるな」
「この動画を見ると体重のことを気にしなくてよくなる」
「この力士達は日本でもスーパースターなんだろうな。相撲って(プロレスの)WWEみたいに熱狂的ファンがいるんだろ」
「イギリスが日本と戦争したらこの動画みたいな結果になるだろう(笑)」
「(富士の樹海で自殺者を撮影した)ローガン・ポール、覚えておけよ。これが文化や慣習をリスペクトして魅力的なコンテンツを作るということだ」

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=0gDVWPPgMKY

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy