ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マリメッコ監修のお茶室が登場!「マリメッコの暮らしぶり」展、開催中

marimekko-spirit_Elamantapa_001

庭・森・空など自然をモチーフに会場構成

2018年2月28日(水)まで、東京・東陽町の「GALLERY A4(ギャラリーエークワッド)」にて、「マリメッコ・スピリッツーElämäntapa(エラマンタパ) マリメッコの暮らしぶりー」が開催されています。

ライフスタイルブランド・Marimekko(マリメッコ)は1951年、第二次世界大戦の影響で困難を極めていたフィンランドの暮らしをデザインの力で豊かにしたいという想いから創設されました。目指した「理想の住まいの在り方」や精神、歴史を紹介する展示会です。マリメッコに通底する「デザイン」と「ライフスタイル」にフォーカスし、デザインの力を信じライフスタイルを提案し続けた創設者・Armi Ratia(アルミ・ラティア)の理念を明らかにします。

マリメッコのデザインに欠かせない「庭」「森」「空」といった自然をモチーフに構成された会場には、マリメッコ監修のお茶室とサウナのインスタレーションが登場。茶室は、マリメッコデザインの持つ「パターン」「カラー」「かたち」と日本の茶室空間を掛け合わせる試みで、マリメッコのプロダクトデザイナーが茶室のファブリックや道具をコーディネートします。

今後は、茨城県陶芸美術館、岐阜県現代陶芸美術館、山口県立萩美術館・浦上記念館、大阪市立東洋陶磁美術館ほか、全国の美術館への巡回を予定。マリメッコに受け継がれるデザイン理念が具現化された展示を、ぜひご体感ください。

▽会場の様子

marimekko-spirit_Elamantapa_004 marimekko-spirit_Elamantapa_005 marimekko-spirit_Elamantapa_006

マリメッコ・スピリッツーElämäntapa(エラマンタパ) マリメッコの暮らしぶりー

会期:2017年12月15日(金)~2018年2月28日(水)

会場: GALLERY A4(ギャラリーエークワッド)/東京都江東区新砂1-1-1

入館料:無料

詳細:http://www.a-quad.jp

▽関連イベント

トークショー「サウナとお茶室の出会い、淋汗茶の湯の愉しみ」

サウナ愛好家の池田さんを中心に、糸井重里さん、三浦史朗さんがサウナとお茶室の出会い、マリメッコスピリッツと日本文化との出会いを通して、淋汗茶の湯の愉しみについて語ります。

日時:2018年2月23日(金)18:30~20:00

参加費:無料

講師:糸井重里(コピーライター、「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰)

池田晶紀(写真家、フィンランドサウナクラブ会員)

三浦史朗(構匠、三角屋)

申し込み:ギャラリーエークワッド公式サイトの申し込みフォームより

撮影:光齋昇馬

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

限定復刻品も登場! セルジュ・ムーユのランプ展、自由が丘と梅田で開催中
布にまつわる作り手が60組以上! 魅惑のテキスタイル製品が集う「布博」、東京と京都で開催
50〜60年代の北欧ヴィンテージ家具が約150点「クラシックファニチャーコレクション」開催中

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy