ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マグロに力を入れている回転寿司屋

2月9日放送の「みんなのニュース」(フジテレビ系、午後16時50分~)では、こだわりの食材をとことんまで極めた料理を出す店を特集した中で「まぐろ問屋・めぐみ水産・MARK・ISみなとみらい店(マグロドンヤメグミスイサンマークイズミナトミライテン)」(神奈川県横浜市西区)が紹介された。

軒先をくぐると威勢の良い挨拶で出迎えてくれる同店はマグロ問屋が直営している回転寿司屋。マグロネタの寿司だけでも約20種類が用意されている。
メニューの一部として、もっちりとした赤身の食感が特徴の「めばちまぐろ赤身」(190円/税抜き)を紹介。店を訪れた東塚菜実子さんは「めばちまぐろトロ炙り」(260円/税抜き)を注文した。実食した東塚さんは「香ばしさが口の中に広がった後にマグロの旨みがギュッと引き締まった感じがします!」とコメント。

そうこうしている内に店の入口から鐘の音と共に巨大な生マグロが丸ごと1本、入場してきた。同店で毎週土曜日に実施されるマグロの解体ショーが始まったのだ。そのままお客さんの目の前でマグロは解体され、争奪じゃんけん大会が行われる。店員とのじゃんけんに勝利すれば、さきほど解体したばかりの新鮮なマグロの切り身を使った寿司がプレゼントされるのだ。
他にも、マグロの頭にある部位を使った「本まぐろ頭身の大トロ」(560円/税抜き)や、「本まぐろホホ肉」(450円/税抜き)が味わえる。ただし仕入れ状況によっては店頭にない事もあるので注意されたい。

さらにベストなマグロの食べ方を研究しているというこちらでは独自のメニューも開発している。赤身のマグロを塩にまぶして寝かせて余計な水分を抜き、醤油の代わりにゆずこしょうを載せてレモンを搾っていただく一品が「塩漬けまぐろ」(260円/税抜き)だ。店の名物になっているという同メニューを味わった東塚さんは「新しい食感!ねっとりとしているマグロの身の甘みが舌の上でじわじわと広がっていく感じがします。マグロの甘みとゆずこしょうの辛さが凄く合いますね!」と絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:まぐろ問屋 めぐみ水産 MARK ISみなとみらい店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:みなとみらいのお店紹介
同じジャンルのお店を見る:寿司(すし)のお店紹介
ぐるなび検索:みなとみらい×寿司(すし)のお店一覧
利尻昆布をたっぷり使った「焼き醤油らーめん」
鰹節出汁と楽しむ炊き込みご飯

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。