ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超特急、新体制初ライブで魅せた決意のステージ

バレンタインデーを2日後に控えた2月12日、横浜アリーナにて行われたニッポン放送主催によるライブイベント『PERFECT VALENTINE 2018』に、ダンス&ボーカルグループ・超特急が出演した。メンバーの脱退に伴い、6人の新体制となって初のパフォーマンスとなったこの日だが、チョコレートをも溶かすほど熱いライブで横浜アリーナに集まった人々を圧倒。共演陣との豪華コラボも交えた趣向豊かなステージで、8号車と呼ばれるファンの不安を期待へと見事に塗り替え、さらなる加速っぷりを見せつけた。
2月12日@横浜アリーナ (okmusic UP's)

超特急のほかiKON、RADIO FISHと3 組の男性グループが集結し、日頃応援してくれているファンに感謝を示したいという趣旨で開かれた、このライブイベント。お馴染みのオーバーチュアからトップバッターとして登場した超特急も、プレゼントをコンセプトにポップなジャケットとリボンを巻きつけた特製衣装に身を包み、1曲目からハードな「Beasty Spider」で喰らいつくような愛を訴える。続いて「改めて超特急、楽しんでいきましょう!」とユースケが雄叫びをあげたライブチューン「バッタマン」、シンプルな振りつけがキュートな「My Buddy」と、アリーナ席中央まで伸びた花道を走り抜けながら、変幻自在な超特急ワールドをアピール。中でも新体制に伴い、バックボーカルを一手に担うことになったタカシの歌声は実に頼もしく、目の前で踊るメインダンサー5人を、その凛々しい旋律で操っているようにすら見えたほどだ。

さらに、客席へとキスを贈るバレンタインにピッタリの「Kiss Me Baby」でユーキがバク転を決めると、突如ダンサーの5人が学ランを羽織って、舞台はバレンタインデーの放課後へ。チョコレートを待ちわびる彼らの前に、セーラー服に着替えたタカシこと“女神様”が現れて、5人にキスの天ぷらをプレゼント! そこから国生さゆりの名曲「バレンタイン・キッス」を全員で歌い踊るという、今日ならではの展開でオーディエンスを笑わせたかと思いきや、瞬時に「Kiss Me Baby」へ戻って攻撃的パフォーマンスで魅了し、続けざまglobeのカバー曲「Love again」でスタイリッシュに誘惑するという刺激的な振り幅は健在だ。

「6人の新体制になっての初のステージ。もっともっと盛り上がっていきたい」とリーダーのリョウガが告げると、場内からは声援と温かい拍手が湧き起こる。そしてカイが「8号車の皆さん、コニギの皆さん、RADIO FISHファンの皆さん、今日この日を楽しみにしてた皆さん、声出せるか!」と雪崩れ込んだ「Drive on week」では、なんとメンバーがスタンド席の通路に! オーディエンスの間近に迫って大きなコール&レスポンスを巻き起こすのみならず、今度は6人が3 組に分かれてオリエンタルラジオの“武勇伝”ネタを超特急バージョンで披露するのだからたまらない。リョウガが「この会場にいる全てのお客様を8号車にするのは俺たちだ!」とキメると、そこに本家の二人が乱入して、中田敦彦が「超特急が武勇伝やってくれて一番嬉しいのは俺だ!」とお返し。イベントならではのスペシャルな場面の連続に、場内はヒートアップするばかりだ。

そんな最中に投下されたライブ鉄板チューン「超えてアバンチュール」の殺傷力は半端なく、客席はカラフルなペンライトとコールの海に。トドメとばかり贈られた「Burn!」では「最後に皆さんと一つになりましょう!」というユースケの言葉通り、場内一つになって腕を交差させるバッテンダンスを繰り出してゆく。そしてクライマックスのソロ歌パートでは、「振り切った限界をまた乗り越えて……僕たちは強くなっていきます。絶対負けるもんか。よろしくお願いします!」と、タカシが力強く決意表明。その姿に、会場中がペンライトの輝きを捧げた。

また、6人はイベント中盤にも、それぞれイメージカラーの花をあしらったスーツに身を包んで再登場。スタンド席の通路を一周してサインボールを投げ込み、オーディエンスを大いに湧かせた。その後、RADIO FISHのライブにも乱入して、「踊り足りねぇんじゃ!」(ユースケ)と「ULTRA TIGER」をコラボ。タカシは澄んだ声で高速ラップをドロップし、ダンサー陣は「バッタマン」や「超えてアバンチュール」のフリも取り入れたスペシャルダンスで、今日だけのコラボ曲「超ULTRA TIGER」を贈った。

3 組全てがパフォーマンスを終えると、出演者全員がステージへと集まり、チョコレートを投げながら会場を一周。色とりどりのペンライトを振るオーディエンスからの大声援に、6人も笑顔で応えていた。ライブ後のトークでも「皆さんで作り上げるイベントは、やっていて爽快感があった。お客さんも、みんなあったかい!」とユーキが、「こんなに素敵なイベントで新体制の超特急が見せられて、良いスタートが切れた」とタカシが清々しくコメント。どんな荒波をも乗り越えて、見定めたゴールへと減速することなく走り続けてゆくのだという意気込みを漲らせる6人は、3 月からのファンクラブツアーに続き、4月4日にはニューシングル「a kind of love」をリリースすることも決定している。さらに5月26・27日の武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ、6月9・10日の神戸ワールド記念ホールと、東阪アリーナツアーも敢行する超特急のパワーアップした姿を、ぜひその目で目撃してほしい。

【セットリスト 】

M01.Beasty Spider

M02.バッタマン

M03.My Buddy

M04.Kiss Me Baby〜バレンタインデーキッス

M05.Love again

M06.Drive on week 〜武勇伝ver〜

M07.超えてアバンチュール

M08.Burn!
シングル「a kind of love」
2018年4月4日(水)発売

全4形態
『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 SPRING「Sweetest Battle Field」』
5月26日(土) 武蔵野森総合スポーツプラザメインアリーナ

5月27日(日) 武蔵野森総合スポーツプラザメインアリーナ

6月09日(土) 神戸ワールド記念ホール

6月10日(日) 神戸ワールド記念ホール

■特設サイト

http://bullettrain.jp/spring-2018/
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy