ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

動体視力が決め手!速度違反のネズミ捕りテク

動体視力が決め手!速度違反のネズミ捕りテク

有人式の速度違反取り締まり「ネズミ捕り」は、警察官が連携するため手強い存在です。所轄の交通課に加えて、交通機動隊の白バイ隊員も神出鬼没で実施するので対処も困難を極めます。そんなネズミ捕りは現認係の動体視力が決め手。休日でも道路でクルマを追って訓練をしているといいます。

ネズミ捕りの現認係の高い動体視力

ネズミ捕りの流れはまず、設定した速度以上のクルマを感知すると現認係のヘッドセットが「ピーッ」と反応します。そして停止誘導係が、現認係が告げるクルマのナンバーなどを元に違反車を停止。サイン会場でキップが切られます。

このうち、車速測定器の近くに待機し、ドライバーに悟られないように周囲の色とマッチしたジャンバーを着用していたり、路肩の植え込み内に潜んでいたりするのが現認係。じつは現認係には、高い動体視力が必要です。

実際「スピードのあるクルマのナンバーを見極められるはずがない。計測器がおかしいんじゃないか」と抗議する人もいるとか。しかし「現認係の動体視力は相当高いです」と元交通機動隊員は話します。

ネズミ捕りの現認係に三角コーン

現認係は「ナンバー、クルマの車種・特徴、乗車している人まで把握できます。みんな休日でも道路で、クルマを追って訓練していますから」とのこと。彼らは計測器に頼っているのではなく、身体能力も常日頃から鍛えてます。

だからこそ、ネズミ捕りの現認係は、速度違反をしそうなクルマは目処をつけ、即座にナンバー・車種・乗車している人間の特徴を把握できるのです。そんなネズミ捕りの現認係の目印となるのが、路肩に不自然に置かれた三角コーンです。

ネズミ捕りの速度測定には光電式とレーダー式がありますが、とくに光電式の場合は送受光器を隠すためによく使われるのが三角コーン。レーダー式の場合も、路肩に設置したレーダー測定器の前に三角コーンが置かれることもあります。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。