ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅行者は入国禁止!謎の国「サウジアラビア」の世界遺産まとめ

行きたくても、なかなか行けない国「サウジアラビア」。観光ビザの発給が行われておらず、仕事か駐在のための家族ビザしかありません。こんな未知の国には一体何があるのか。今回は、サウジアラビアにある世界遺産をご紹介します。

*編集部追記
2015年に公開した記事に世界遺産を加筆しました。(2018/02/09)

 

アル・ヒジュル古代遺跡(マダイン・サーレハ)

サウジアラビア最初の世界遺産で、かつての古代都市遺跡です。岩だらけの場所を意味するアル=ヒジュルという別名も持っています。

紀元前1世紀から1世紀にかけての遺跡が中心で、ナバテア人などが住んでいた遺跡とされており、都市遺跡には装飾された外壁がある墓石郡をはじめとする碑文なども発見されています。2008年に世界文化遺産に登録されました。

アル・ヒジュル古代遺跡

photo by ActiveSteve

アル・ヒジュル古代遺跡

photo by Sammy Six

 

ディライヤのトゥライフ地区

リヤドの北西に位置している、15世紀に創建されたサウード王朝の最初の首都です。イスラム教改革運動の拠点となった都市であることでも知られています。

町には数多くの王宮遺跡があり、巨大な宮殿の周辺にはツライフ要塞をはじめ、土レンガで造られた数多くの建築物が残されています。2010年に世界文化遺産に登録されました。

 

歴史都市ジッダ、メッカへのゲート

メッカ州にある紅海を臨む都市ジッダはサウジアラビア第二の都市です。近郊のメッカが聖地になって以来、多くの巡礼者がジッダを経由してメッカへ巡礼するため、中継地点として栄えるようになりました。

毎年200万人ものイスラム教徒がジッダ港や空港を利用します。また、多くの国際機関が本拠を置く経済都市でもあり、様々な民族が働いています。

歴史都市ジッダ、メッカへのゲート

photo by bagito16

歴史都市ジッダ、メッカへのゲート

photo by bagito16

関連記事リンク(外部サイト)

バルト三国の玄関「エストニア」の世界遺産
ここ知ってる?クロアチアの美しい港町トロギールで世界遺産を堪能する
17.5京ドルの通貨を持っていた国「ジンバブエ」の世界遺産まとめ
【完全保存版】総数1000以上!世界中にある世界遺産まとめ(エリア・国別)

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。