ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今度の舞台はインターネット! 『シュガー・ラッシュ:オンライン』2018年冬に日本公開が決定

今度の舞台はインターネット! 『シュガー・ラッシュ:オンライン』2018年冬に日本公開が決定

 ディズニー・アニメーションの長編作品『シュガー・ラッシュ』の最新作の邦題が『シュガー・ラッシュ:オンライン』に決定し、2018年冬に日本で公開されることとなった。

 『シュガー・ラッシュ』は、人間たちが知らないゲームの裏側の世界を舞台に、ヒーローになれない“悪役”ラルフとレーサーになれない“ひとりぼっち”の少女ヴァネロペの冒険と友情を描いた大ヒット作。その最新作となる『シュガー・ラッシュ:オンライン』では、お菓子の国のレーシングゲーム<シュガー・ラッシュ>が壊れたことから、ヴァネロペとラルフが交換部品を調達する為に初めてアーケードゲームの世界を飛び出しインターネットの世界へ向かい、そこで巻き起こる事件や大冒険が前作をはるかに超えたスケールで描かれる。

 監督を務めるのは、前作『シュガー・ラッシュ』と『ズートピア』を手掛けたリッチ・ムーアと、両作で脚本家としてコンビを組んでいたフィル・ジョンストン。リッチ・ムーア監督は「前作は、ビデオゲーム・アーケードへのラブレターだった。僕たちは、これらのキャラクターをさらに大きなところに連れて行きたかったんだ」と語り、フィル・ジョンストン監督はそれに対し「そう、とてつもなく大きな世界へね!」と、インターネットの世界で繰り広げられる新たな冒険への期待を抱かせている。

 ディズニー・アニメーション長編作品としては『モアナと伝説の海』以来2年ぶりの新作である『シュガー・ラッシュ:オンライン』は、2018年11月21日に全米で公開され、日本では2018年冬に全国ロードショー。

◎公開情報
『シュガー・ラッシュ:オンライン』
2018年冬全国ロードショー
監督:リッチ・ムーア&フィル・ジョンストン
製作:クラーク・スペンサー
声の出演:ジョン・C・ライリー、サラ・シルヴァーマン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2018 Disney. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』家族との思い出、謎を解く鍵は音楽
ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』主題歌賞&アニメーション映画賞ノミネート
『モアナと伝説の海』隠れキャラも登場! 尾上松也が歌う「俺のおかげさ」フルバージョン解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy