ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「オバンデレラ」で息抜き…岸谷香が明かした私生活

「オバンデレラ」で息抜き…岸谷香が明かした私生活
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU WONDERFUL LIFE」。2月7日(水)のオンエアでは、シンガーソングライターの岸谷香さんが登場。知られざる「オバンデレラ」について語りました。

岸谷さんは今年1月末、20代の女性3人とバンドを組んでミニアルバム「Unlock the girls」をリリースしたばかり。ツアー真っ最中ですが、息抜きはするのでしょうか。

岸谷:基本さびしんぼうなのか一人が苦手で、家で一人なのもあまり好きじゃなくて。でも、子どもたちも中学生と高校生で大きくなってきちゃったし、夫も仕事が忙しいし、誰もうちで夕飯を食べないって日もあって。そういう日は、すぐ友だちに連絡して飲みに行くのが息抜きになっています。それ以外に趣味あまりないのかも。音楽と友だちくらいで。

過去には、“焼き鳥屋でさくっと一杯”なんてこともあったそう。

岸谷:子どもが今より小さいときは、友だちに「今日は5時〜7時で子どもが塾だから、5時から開いてる焼き鳥屋で集合!」と声をかけて、さっと行って帰って、7時には何事もなかったかのように家で子どもを出迎える……ということも。それを、友だち同士ふざけて、シンデレラのおばちゃんバージョンで「オバンデレラ」と呼んでて(笑)。でも、もうそんなことをしなくても、「お母さんがいないなら、いないほうが……」って年齢になってきちゃいましたね、子どもが。家族の生活スタイルってこうやって変っていくんだなあと実感してます。

ちなみに岸谷さんは、映画も誰かと行きたいタイプだそう。観終って「あそこがよかったね」と、わいわい話し合うのが好きとのこと。

クリス:まさにガールズバンド向きの性格ですね(笑)。
岸谷:そう。夫(俳優の岸谷五朗)は、映画とか観るときに本気でしょ? そういう人と一緒に観ると、意見の軽さが違って逆にシーンとなってしまって……(笑)。昔『アバター』を子どもと観て帰ってたら、「どうだった?」って聞かれて。「すごい面白かったよね!」って言ったら、「君は戦争をどんなかたちでも肯定するのか」と言われて。あ、おやすみなさい……みたいな(笑)、そんなこともありました。
クリス:(笑)。

トークの最後には、岸谷さんおすすめの一曲として、10代の頃に大好きだったというガールズバンド、ゴーゴーズの「バケーション」を紹介しました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。