ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「解凍時間」を劇的に減らすトレイ。こりゃスゴい!

「解凍時間」を劇的に減らすトレイ。こりゃスゴい!

お肉でも魚でも、食材を冷凍庫で保存しますが、解凍ってどうしてますか?

本来は、自然解凍がいちばんなんでしょうけど、そうも悠長にしていられない。なんてとき、どうしてもレンチンに頼ってしまう私。でも、これが意外に難しくて、余分に熱が入ってしまった…よくある話ですよね。

だから、こういうキッチンツールに“目がテン”になったのかも。

通常の2倍の速度で
解凍するトレイ

溶ける。「解凍時間」を劇的に減らすトレイ。こりゃスゴい! 溶ける。「解凍時間」を劇的に減らすトレイ。こりゃスゴい!

じわじわ、溶ける。…らしい。

実際に使ったわけじゃないので何とも言えませんが、この「YT TOUCH」という名のトレイ、解凍したい食材を乗せておくだけで、通常の2倍の速さで解凍できるというのがウリ。

伝熱性が高いアルミニウム製

なるべくなら冷凍する前の状態に速やかに戻したい。水につけてはうま味を逃してしまいます。そこで、「YT TOUCH」が着目したのは、伝熱性の高いアルミニウムでした。

一般的なまな板の上で解凍するよりもスピーディーに、食材をもとの状態に戻すことができるんだそう。「解凍時間」を劇的に減らすトレイ。こりゃスゴい!

アルミニウムの特性を活かしただけ。もちろん電気は使用しません。上の写真はステーキ肉を解凍した場面でのもの。厚みがあって通常ならば4時間近くかかるお肉が、およそ30分ほどでご覧の通り。

たしかにこれは大きい。
もちろん、ワット数と時間を気にしながらレンジを上手に使えばいいことかもしれない。でも、これならば他の調理をしている間にトレイに乗せて解凍、が現実的じゃないですか。「解凍時間」を劇的に減らすトレイ。こりゃスゴい!

そうそう、溶け出した水分はトレーに空いた穴から下に流れ出る仕組みになっていて、食材がベタッとなったり、汚れを気にする必要もないみたい。「解凍時間」を劇的に減らすトレイ。こりゃスゴい!

トレーとしても使える取っ手付き

「解凍時間」を劇的に減らすトレイ。こりゃスゴい!

まな板にしてもOK

「解凍時間」を劇的に減らすトレイ。こりゃスゴい!「解凍時間」を劇的に減らすトレイ。こりゃスゴい!

料理が楽しくなりそう。

「YT TOUCH」で検索してみてください。Licensed material used with permission by Yeti Touch

関連記事リンク(外部サイト)

「みじん切り」の手間からすべての人を解放したい!
肉料理がおいしくなる、あの「真空調理」を自宅で。
料理上手が「ザワついた」キッチンツール

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。