ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

清春、アルバム『夜、カルメンの詩集』の全貌解禁

清春が2月28日(水)にリリースするアルバム『夜、カルメンの詩集』のジャケットを発表した。極彩色に彩られたグラフィックは、コラージュアーティストの河村康輔によるもの。河村は国内外の様々な美術館、ギャラリーで個展、グループ展を開催し、2016年アディダスとコラボレーションによるレアル・マドリード来日記念コレクションを発表したり、大友克洋や田名網敬一といった巨匠と作品を共同制作をしている気鋭の作家だ。河村作品のファンであった清春のラブコールにより、楽曲のイメージに合わせたアートワークが誕生した。
清春 (okmusic UP's)

また、YOHJI YAMAMOTOの衣装協力による新アーティストビジュアルも公開され、さらにアルバムの収録内容も明らかになった。3枚組の初回限定盤はDISC1に「赤の永遠」「眠れる天使」を含む全10曲、DISC2にDISC1の全楽曲+ツアー会場限定販売シングルで発表される「罪滅ぼし野ばら」の歌詞を清春本人が朗読したポエトリーリーディングを収録。初回限定盤付属のDVDには「赤の永遠」「眠れる天使」「夜を、想う」のミュージックビデオが収録される。「赤の永遠」のミュージックビデオは2月9日(金)のMTV『清春 WORKS MUSIC VIDEO HISTORY』内で初オンエアされるので、こちらも注目だ。

通算9枚目となる今作。リード・トラック「赤の永遠」は、フラメンコ・ギターの国内第一人者、沖仁のライブ・サポートを長く務めるギタリスト智詠(ちえい)を起用。近作で見られるスパニッシュ要素を全面に反映させ、伸びやかなフラメンコ・ギターの音色に、清春のボーカリゼーションが艶やかに絡む楽曲。サブリード・トラック「眠れる天使」は、スガシカオや稲葉浩志のライブ・サポートを務める俊英ギタリスト、Duranを起用したファンキーなロック・チューン。リズム・セクションには清春諸作に長く関わる沖山優司(ベース)、Katsuma(coldrain)他を起用し、豊穣なグルーブを描く。デビュー25周年、50歳という節目を目前に控えた中で、これまでの清春像を根底から覆すような、新境地を魅せた意欲作となっている。

清春は2月23日 大阪BIGCATを皮切りに全国ツアーを開催! 3月2日(金)の仙台Rensa公演は、アルバムリリース記念として会場で『夜、カルメンの詩集』(初回盤)を購入した来場者全員と終演後握手会も開催されるので、お楽しみに!
アルバム『夜、カルメンの詩集』
2018年2月28日発売

【初回盤】(2CD+DVD)

COZP-1411-1413/¥5,000+税

【通常盤】(CD)

COCP-40251/¥3000+税

<収録曲>

■CD DISC1

01.悲歌

02.赤の永遠

03.夜を、想う(Album ver.)

04.アモーレ

05.シャレード(Album ver.)

06.眠れる天使

07.TWILIGHT

08.三日月

09.美学

10.貴方になって

■CD DISC 2

01.悲歌

02.赤の永遠

03.夜を、想う

04.アモーレ

05.シャレード

06.眠れる天使

07.TWILIGHT

08.三日月

09.美学

10.貴方になって

11.罪滅ぼし野ばら

■DVD

・赤の永遠

・眠れる天使

・夜を、想う
KIYOHARU TOUR 天使の詩2018『LYRIC IN SCARLET』
2月23日(金) 大阪BIGCAT

2月24日(土) 金沢EIGHT HALL

3月02日(金) 仙台Rensa

3月16日(金) KYOTO MUSE

3月17日(土) KYOTO MUSE

3月21日(水・祝) 柏PALOOZA

3月24日(土) 長野CLUB JUNK BOX

3月31日(土) 札幌PENNY LANE24

4月07日(土) 青森Quarter

4月08日(日) 盛岡Club Change Wave

4月13日(金) 名古屋 BOTTOM LINE

4月14日(土) Live House 浜松窓枠

4月28日(土) 鹿児島CAPARVO HALL

4月29日(日) 長崎DRUM Be-7

5月03日(木・祝) EX THEATER ROPPONGI
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy