体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【関東近郊】行くべき理由がある温泉地16選!おすすめの名湯から山間の秘湯まで

老若男女に愛される秘密とは?1000年以上の歴史を持つ熱海温泉。今も昔も賑わう地だからこそ新旧の魅力に溢れている。そんな熱海で、旧跡と新名所を訪ね歩いてみよう。新たな街の魅力、そしてきっと、新たな自分自身も発見できるはず。

熱海城(別館・熱海トリックアート迷宮館)

熱海城(別館・熱海トリックアート迷宮館)海抜160mからの眺望だけでも一見の価値あり 熱海城(別館・熱海トリックアート迷宮館)庭園・周辺含め200本余りの桜も名物 熱海城(別館・熱海トリックアート迷宮館)1階のジェット付き足湯。入城者は無料

城下町と海を見下ろす絶景パノラマの天守閣

熱海市街や湯河原方面はもちろん、天気が良ければ初島や大島、伊豆半島まで見渡せることも。また、城内はアトラクションも豊富でさまざまな楽しみ方で過ごすことができる。

●TEL/0557-81-6206

●住所/静岡県熱海市熱海1993

●営業時間/9時~17時(最終入場16時30分)

●定休日/なし

●料金/大人900円、小・中学生450円、4~6歳300円(両館共通セット券あり1500円)

MOA美術館

MOA美術館巨大なドーム型のホールには世界最大級の万華鏡も MOA美術館つつじ山、梅園などがある広大な庭園内に位置 MOA美術館春は桜と相模灘に浮かぶ初島や伊豆大島を一望 MOA美術館敷地内の「花の茶屋」では季節の料理と和スイーツが楽しめる(11時~15時30分)

新旧の美術作品たちと絵のような風景を愛でる

2017年2月にリニューアルオープン。相模灘を見渡す高台に建つ「海の見える美術館」。約3500点を所蔵。国宝「紅白梅図屏風」が2018年1月26日から3月13日まで公開される。

●TEL/0557-84-2511

●住所/静岡県熱海市桃山町26-2

●営業時間/9時30分~16時30分(最終入館16時)

●定休日/木(祝日の場合は開館)、展示替日、年末年始

●料金/大人1600円、高・大生1000円、65歳以上1400円

ボンネツト

ボンネツトハンバーガーセット(コーヒー付)800円

昭和で時が止まっているかのような、フシギな空間

過去に日本を代表する多くの作家や有名人などが数多く訪れており、文学作品中にも登場しているという歴史ある喫茶店。ハンバーガーを戦後初めて提供したのもこちらだとか?

●TEL/0557-81-4960

●住所/静岡県熱海市銀座町8-14

●営業時間/10時~不定

●定休日/日

家康の湯

家康の湯タオル1枚100円を自販機で販売

源泉100%掛け流しの足湯

熱海駅前、徳川家康来熱400年の記念事業として2004年3月に設置。連日多くの人で賑わうが、毎日お湯を抜いて掃除しており清潔。

●TEL/0557-86-6218

●住所/静岡県熱海市田原本町145-17

●営業時間/9時~16時

●定休日/なし(荒天時、清掃、緊急修繕等により利用中止あり)

●料金/なし

日航亭・大湯

日航亭・大湯お風呂は2017年11月に改装したばかり

家康ゆかりの歴史ある温泉

湯前神社の隣にある大湯は、徳川家康が入浴したこともあり「出世の湯」といわれる。源泉2本、1日8万リットルもの豊富な湯量を誇る。

●TEL/0557-83-6021

●住所/静岡県熱海市上宿町5-26

●営業時間/9時~20時

●定休日/火(祝日の場合は翌日)

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。