ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【賃貸DIY】部屋に飾ろう!写真立てで作るアンティーク調ガラスケース

ガラスケースは植物を入れたり、間接照明代わりにキャンドルを入れたりとさまざまな楽しみ方ができる。透けているため圧迫感もなく、空間に馴染むインテリアだ。

金具はアンティーク調のものを採用し、土台は木製のブロックにすることでカジュアルだがカッコいい印象に。市販の完成品は高いので、DIYでリーズナブルかつ自分好みのものを作ってみよう!
部屋に飾ろう!写真立てで作るアンティーク調ガラスケース

部屋に飾ろう!写真立てで作るアンティーク調ガラスケースまずは材料と道具を用意

所要時間:約2時間(乾燥時間除く)
用意する材料と道具|アンティーク調ガラスケース

用意する材料と道具材料

・写真立て(A4、21×30cm)×4個
・板(MDF材)
・工作用の木製ブロック(60×30×15mm・8個入り)×4袋
・アンティーク調の蝶番取っ手(ネジ付)
・釘×4本
・木材用水性二ス(ウォールナット色)
・アクリルスプレー(黒)
・コットン
・瞬間接着剤(ガラス用)
・木工用ボンド
・仕上げ用ニス道具

・グルーガン
・ドライバー
・ノコギリ
・金槌
・はさみ
・ペン
・定規
・キリ作り方Step1.写真立てを解体する

写真立てをガラスと額縁に分解する。額縁に付いているガラスを外す際は、はさみの刃で挟んで引っ張れば簡単に抜ける。4つとも同様に処理する。
写真立てをガラスと額縁に分解する。分解は丁寧に|アンティーク調ガラスケース

写真立てをガラスと額縁に分解する。分解は丁寧に
分解が完了した|アンティーク調ガラスケース

分解が完了したStep.2 扉・囲いを組み立てる

解体した額縁に瞬間接着剤でガラスを固定する。そのうち2つは扉として開け閉めができるように蝶番でつなげよう。蝶番を額縁に添えてネジ穴の位置にキリで少し穴を開け、開けた穴の位置にネジを打ち込む。

ガラスと額縁を接着する際、グルーガンは使わないようにしよう。ガラスとの相性が悪いのでうまく接着できず、時間が経つと外れてしまう。また、接着剤も必ずガラスに対応しているものを使おう。
瞬間接着剤を使って……|アンティーク調ガラスケース

瞬間接着剤を使って……
ガラスを貼り付ける|アンティーク調ガラスケース

ガラスを貼り付ける
そのうち2つは扉として開け閉めができるように蝶番でつなげよう。ネジ穴の位置にまずキリで少し穴を開ける|アンティーク調ガラスケース

そのうち2つは扉として開け閉めができるように蝶番でつなげよう。ネジ穴の位置にまずキリで少し穴を開ける
扉になる2枚はこんな仕上がりに|アンティーク調ガラスケース

扉になる2枚はこんな仕上がりにStep.3 扉に取っ手を取りつける

蝶番をつけた時と同様にキリで少し穴を開け、開けた穴の位置にネジを打ち込み取っ手を固定させる。
まずは取っ手の位置を決める|アンティーク調ガラスケース

まずは取っ手の位置を決める
ネジ穴を作るためにキリで穴を開ける|アンティーク調ガラスケース

ネジ穴を作るためにキリで穴を開けるStep.4 囲いを組み立てる

扉以外の三面を瞬間接着剤でとめていく。最後に、Step.3で取り付けた取っ手と噛み合うように取っ手の受け手をネジで留める。
扉以外の三面を瞬間接着剤でとめ、取っ手の受け手を付ければ囲いの完成|アンティーク調ガラスケース

扉以外の三面を瞬間接着剤でとめ、取っ手の受け手を付ければ囲いの完成Step5.ブロックを着色する

土台部分となる工作用の木製ブロックを水性ニスで着色していく。今回はコットンを使用したが、筆を使って塗ってもOK。
ニスで塗装|アンティーク調ガラスケース

ニスで塗装Step.6 土台のブロックを接着する

水性ニスが乾いたら、ブロックを木工用ボンドで貼り合わせる。一辺の長さが写真立ての幅に合うように組み合わせよう。組み方によって雰囲気が変わるのでお好みで。
ブロックの組み合わせ方はお好みで|アンティーク調ガラスケース

ブロックの組み合わせ方はお好みでStep.7 土台補強用・上面用の板を切る

土台補強用の板はStep.6で作った土台部分のサイズに合わせてノコギリでカット。上面用の板はStep.4で組み立てた囲いの内側に寸法を合わせてカット。
同じ大きさに切ろう|アンティーク調ガラスケース

同じ大きさに切ろうStep.8 切り出した板を塗装する

切り出した土台補強用と上面用の板をアクリルスプレーで着色。上面用の板は全面に色を塗ろう。土台補強用は土台のブロックと貼り合わせるので片面と小口だけでOK。
切り出した土台補強用と上面用の板|アンティーク調ガラスケース

切り出した土台補強用と上面用の板
いっきに着色していこう|アンティーク調ガラスケース

いっきに着色していこうStep.9 仕上げニスを塗って接着する

Step.6で作った土台用のブロックと土台補強用・上面用の板、全てに仕上げニスを塗る。ニスが乾いたら、土台のブロックと土台補強用の板をグルーガンで接着。
仕上げのニス|アンティーク調ガラスケース

仕上げのニス
グルーガンで固定する|アンティーク調ガラスケース

グルーガンで固定するStep.10 それぞれの板と囲いを接着する

上面・土台をそれぞれ瞬間接着剤で囲い部分と接着。念のため土台部分のブロックと補強用の板を釘で打っておけば万全だ。
釘は丁寧に打ち込もう|アンティーク調ガラスケース

釘は丁寧に打ち込もう
アンティーク調ガラスケースの完成!

アンティーク調ガラスケースの完成!
ショップのディスプレイに使われていそうな高級感漂うガラスケースの完成。お気に入りのアイテムを入れて飾ってみよう!

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

文・写真=小野真美

※「CHINTAI2017年10月号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています
※雑誌「CHINTAI」2018年1月24日発売号の特集は「不思議なくらい いい部屋が見つかる本」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。