ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleのアイテム課金は48時間以内なら返金可能

Googleのアイテム課金は48時間以内なら返金可能

GooglePlayでダウンロードしたアプリで、アイテム課金やアプリ内課金を誤って押してしまっても慌てることはありません。GooglePlayのアイテム課金は48時間以内なら返金が可能だからです。GooglePlayのアイテム課金の返金手続きについて、詳しく見ていきましょう。

GooglePlayは購入後48時間は返金

「スマホゲームに熱中し過ぎて、気づいたら数万円課金していた…」なんてことはありませんか? そんな人のためではありませんが、実はGooglePlayでは購入したアイテムやアプリ内の課金について、購入後48時間以内であれば返金を受け付けてくれます。

GooglePlayの返金手続きは、アカウントページにアクセスして、注文履歴から返金したいものを選んで「問題を報告」をするだけ。これだけで48時間以内であればどんな理由であれ、課金した金額が返金申請できます。

実際、スマホゲーム内で同じような名前の課金アイテムが並んでいると、うっかり間違って違うアイテムを買ってしまうこともあるでしょう。そのための返金手続きの方法がしっかり存在しているのです。

GooglePlayの具体的な返金手続き

GooglePlayで具体的な返金手続きは、メニューから「アカウント情報」を選んでアカウントページを開いたら「注文履歴」をタップ。その中から返金したい注文の右側にあるアイコンを選んで「問題を報告する」をタップします。

返金の理由について選択肢が現れるので、そこから当てはまるものを選べば返金手続きは完了です。これで誤って購入してしまったアイテムやアプリ内の課金がなかったことにする申請ができます。

ただし、返金が可能なのは1つのアプリにつき原則1回のみ。本当に返金したい「ここぞ!」という時だけ活用しましょう。ちなみに1度返金したからといって、その後アプリが遊べなくなることはありません。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy