体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東北クラフトビール飲み比べ(岩手編)。ビール女子注目のブルワリー!

菜園マイクロブルワリー ほんのり甘い香りのカモミールと小麦のホワイトビール

スムースな飲み心地で小麦のフレーバーが口の中に広がり、後味に微かにカモミールティーを思わせるスパイシーな花の香りがします。
おつまみには、色鮮やかな「おまかせ前菜5種」を。

菜園マイクロブルワリー おまかせ前菜5種

きれいなルビー色の「くべなコラボのフルーツビール」も、「菜園ブルワリー」で醸造された限定ビールです。“くべな”は、くずまきワイン・ベアレン・南部美人のことで、どれも岩手でつくられるお酒。その3社がコラボして、山ぶどう果汁と日本酒酵母を使った、ほかにはない実験的なビールをつくり上げました。ぶどうのコクと麦の香りが一気に押し寄せ、後味にじんわりと日本酒の風味を感じる不思議な一杯。

菜園マイクロブルワリー くべなコラボのフルーツビール

ビール以外では、都内ではなかなか手に入らない「イングリッシュサイダー」がおすすめ。サイダーは、りんご果汁を発酵させてつくるお酒。シャンパン酵母を使用した軽やかかつ華やかなアロマで、りんごの酸味と爽やかな甘味が生きたドライな味わいを楽しめます。

菜園マイクロブルワリー イングリッシュサイダー

最後に「イチボのグリル」と、ベアレンのレギュラービール「シュバルツ」も頼んじゃいました。ミディアムレアのお肉は、ジューシーだけど脂身は控えめでさっぱり。すっきりと香ばしい飲み口の「シュバルツ」は、赤身のお肉にぴったりです。

菜園マイクロブルワリー イチボのグリル シュバルツ

どのフードメニューも、シンプルなのに丁寧な工程を感じる、幸せな一皿ばかり。

お土産に限定ビールGET

おなかいっぱい食べて飲んだあとは、お散歩がてら盛岡駅までお土産ビールを探しに。お目当ては、都内でも人気の「銀河高原ビール」が岩手限定で発売している「椀子麦酒(わんこびーる)」です。岩手名物のわんこそばをモチーフにした、かわいいお椀のイラストが目印。駅ビル「フェザン」の酒屋さんで購入できます。ほかにも季節限定のビールや、ベアレン「イングリッシュサイダー」など、岩手ならではのレアな商品がいっぱい! プレゼントとしても喜ばれそうですね。

PUMPKIN WHEAT 椀子麦酒 イングリッシュサイダー 遠野の華

無事にお土産も手に入れたところで、盛岡駅周辺のホテルで就寝です。

帰り道に足を延ばして、ビールと名物料理を堪能

2日目、雪がしんしんと降っていました。……が、ビール好きに季節は関係ありません! この日も張り切って目的地へ。

向かうは帰路の途中にある一関市。目的地は、オイスタービールなどの珍しいビールをつくっている「いわて蔵ビール」です。盛岡駅からJR一ノ関駅までは新幹線で40分。そこから徒歩約10分で到着。敷地に入ると、さっそく麦汁の香りが。

いわて蔵ビール

併設の「蔵元レストランせきのいち」では、一関の郷土料理が食べられます。名物「果報餅膳」を注文しました。もちろん、できたてのビール飲み比べも一緒に!

蔵元レストランせきのいち 外観

「蔵ビール4種お試しセット」は、定番4種類を飲み比べられるお得なセット。左から順番に飲んでみます。
ヴァイツェンは、バナナのような優しい香りを感じる一杯目向け。
ペールエールはハッとするような苦味と、モルトのコクを感じます。
レッドエールは、カラメルモルトの香ばしく芳醇なフレーバーのあとに控えめな苦味が。
真っ黒なスタウトは、ローストされたモルトの香ばしさと苦味、コク、少しの酸味がいっぺんに流れ込んでくる複雑な味わいです。

蔵元レストランせきのいち 蔵ビール4種お試しセット

そして、きれいなお膳に並んだ9種類のお餅! ひとつひとつ丁寧につくり上げられ、おもてなしの心がこもった優しい味です。滑らかなあんは、舌触りがとても上品。

前のページ 1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。