ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レッドブル・エアレース】開幕戦アブダビ大会・グーリアン9年ぶりの勝利!王者室屋は2位

【レッドブル・エアレース】開幕戦アブダビ大会・グーリアン9年ぶりの勝利!王者室屋は2位

 レッドブル・エアレースの2018年開幕戦がアラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビで行われ、約5万人の観衆の中、アメリカのマイケル・グーリアン選手が2009年第4戦ブダペスト大会以来9年ぶり、通算2回目の勝利を挙げました。ディフェンディングチャンピオンとなる2017年総合王者、室屋義秀選手はわずかに及ばず2位。しかし開幕戦では初の表彰台となり、シリーズ連覇に向け、幸先の良いスタートとなりました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ■オーバーGの罠が潜むトラック

 アブダビ大会のトラックは、基本的にはシケインとS字をバーティカルターン(VTM)とハイGターンで繋いだレイアウト。2015年から少しずつ改良が加えられており、難度が上がっています。レイアウト図ではシケインとS字は平行に見えますが、実際のレイアウトはバーティカルターンを行うゲート3を頂点とした三角形に近いもの。

【レッドブル・エアレース】開幕戦アブダビ大会・グーリアン9年ぶりの勝利!王者室屋は2位2018年アブダビ大会のレーストラック(Red Bull Media House GmbH/Red Bull Content Pool)
【レッドブル・エアレース】開幕戦アブダビ大会・グーリアン9年ぶりの勝利!王者室屋は2位2018年アブダビ大会のトラック(Joerg Mitter/Red Bull Content Pool)

 ゲート3のバーティカルターンはもちろんのこと、今年はゲート6〜8のハイGターンが曲者。水平に通過するゲート7の存在で、2回に分けてターンせざるを得ず、しかもゲート7の位置が中間よりゲート6寄りになっているために、このターンが特にきつく、オーバーGが頻発しました。

 ■イワノフ選手に起きたアクシデント

 開幕戦とあって、通常の大会よりも長めにトレーニングライトの日程が組まれていたアブダビ大会。オフシーズンの間に実施した機体の改修の結果を、実際のレーストラックを飛んで「答えあわせ」する貴重な機会であり、各選手とも様々なラインを飛んで試していました。バーティカルターンも、垂直に上がる方法と右斜め上に上がって高さを抑える方法の2種類があり、風の影響を排除してわずかに速くなるのは斜めに上がる方なのですが、操作が煩雑になるために、ミスをするとオーバーGやタイムロスにつながります。選手ごとのフライトスタイルや攻め方で、この選択は分かれました。

【レッドブル・エアレース】開幕戦アブダビ大会・グーリアン9年ぶりの勝利!王者室屋は2位ゲート3を垂直にターンするグーリアン選手(Joerg Mitter/Red Bull Content Pool)
【レッドブル・エアレース】開幕戦アブダビ大会・グーリアン9年ぶりの勝利!王者室屋は2位ゲート3を斜めにターンするドルダラー選手(PredragVuckovic/RedBullContentPool)

 そんな中、ニコラ・イワノフ選手(フランス)にアクシデント発生。パイロン下部の白い部分にウイングレットが接触してしまい、ウイングレットが大きく破損してしまいました。
【レッドブル・エアレース】開幕戦アブダビ大会・グーリアン9年ぶりの勝利!王者室屋は2位先端がなくなったウイングレットを持つイワノフ選手のテクニシャン、フィッツジェラルド氏(Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool)

 普段レースで飛行機が飛ぶ、黄色と赤で彩られた部分は「スピンネーカー」というコピー用紙よりも薄い生地でできており、接触しても容易に切れて機体にダメージを与えないようになっています。しかし、その下の白い部分は、パイロンを風に負けずに自立できるようにするため、厚手の「ターポリン」というトラックの荷台などを覆う丈夫な(上部に比べておよそ10倍の強度の)素材でできており、パイロン自立のために送り込まれる空気圧とあいまって固く、機体が接触すると大きなダメージを与えてしまうのです。エアゲートを高く飛ぶ反則では2秒のペナルティなのに対し、低く飛ぶといきなりDQ(失格)となってしまうのは、このようなエアパイロンの素材の違いにより、ぶつかると機体が破壊され、墜落する危険があるためです。

【レッドブル・エアレース】開幕戦アブダビ大会・グーリアン9年ぶりの勝利!王者室屋は2位損傷部分を見るイワノフ選手、チャンブリス選手、ルボット選手(Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool)
【レッドブル・エアレース】開幕戦アブダビ大会・グーリアン9年ぶりの勝利!王者室屋は2位パイロンヒットの衝撃で歪んだイワノフ機の胴体部分(Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool)

1 2 3 4次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。