ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

目指すは武道館!? 演劇のイメージを改善する、宅間孝行の新たな挑戦

目指すは武道館!? 演劇のイメージを改善する、宅間孝行の新たな挑戦
J-WAVEで放送中の番組「TRUME TIME AND TIDE」(ナビゲーター:市川紗椰)。2月3日(土)のオンエアでは、俳優・脚本家・演出家の宅間孝行さんをゲストにお迎えしました。

テレビ、映画、舞台とさまざまなフィールドで活躍されている宅間さん。2月には、初ワンマンライブ「タクフェス冬のバンド祭り コントもあるよ!!〜武道館への道vol.1〜」を開催します。

市川:すごいタイトルですね(笑)。どんなライブなんですか?
宅間:基本的にはライブなんですけど。演劇って、ちょっとアレルギーがないですか?
市川:分かれますよね。好きな人と、別世界だと思っている人がいるような……。
宅間:演劇をやる側の問題だと思うんですけど、裾野を広げようという気がないんです。たとえば、シェイクスピアの舞台も、内容を理解してないと楽しめないとか。芝居見物って、食うな、飲むな、トイレに立つな、静かに観てろって感じで。もうちょっとエンターテインメントで楽しくてもいいなと思ったんです。

宅間さん自身が、もともと演劇が苦手だったこともあり、芝居をやりながらイベント満載の企画をすることが多かったそうです。その一環として、出演者がカーテンコールのあとに、お客さんへ感謝の気持ちを込めて踊る「ライブタイム」を設けているそう。

宅間:毎回「ライブタイム」のために曲を作ってるんです。その曲が溜まってきたんで、「ライブできるんじゃないか」ってことで、今回調子に乗って開催することにしました(笑)。
市川:タイトルからして、武道館を目指しているんですよね。
宅間:サポートメンバーは、普段すごいところでやってる方たちなんで。だた、今回はコミックバンドみたいになってます。
市川:いいですね! 宅間さんは、なにを担当されているんですか?
宅間:主に歌ってますけど、たまにギターも。
市川:コミックバンドってことは、曲はすべてオリジナルですか?
宅間:基本的にはオリジナルです。

ライブでは、演劇とは違う宅間さんの新たな魅力を発見できそうですね。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「TRUME TIME AND TIDE」
放送日時:毎週土曜 21時−21時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/timeandtide/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy