体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スーパーに売っているおもちゃが憎い…。子どもの『買って!』が許せなくて by ページェント・いるみ

スーパーに売っているおもちゃが憎い…。子どもの『買って!』が許せなくて by ページェント・いるみ

はじめまして! ページェント・いるみと申します!(以降いるみ)

今回から『赤すぐみんなの体験記』でイラストや漫画を交えて、妊娠出産育児体験をお送りさせていただきますので、是非よろしくお願いします!

わたくし男の子(5歳 年中)と女の子(もうすぐ3歳)の母親をやっているのですが。ここ最近は、子ども達もある程度大きくなったので、

【怒りが収まった後に必ず訪れる、魔の自己嫌悪タイム】もめっきり減りました。

今思えば、なんであんなに鬼のように怒っていたのか……懐かしく思う程です。 関連記事:怒っても伝わらないんじゃ意味がない!イライラの感情が爆発した後にできること by うだひろえ

そんな今の私ですが、娘が生まれて落ち着くまでは毎日鬼のように息子に怒っていました。

その理由の1つとして(私の中で一番まっとうな理由)

子どもを【ちゃんと躾けをしなければいけない!】

【周りができていることを、自分の子もできるようにしなくてはならない! 周りの子が、できるのならば自分の子もできるはず!!】と勝手な考えと理想を、子どもに押し付けて、

子どもがそれをできなければ、『なんで、できないの?』と怒ってしまっていました。

正直今でも、少なからずある感情ではありますが……、

あの頃は本当にひどかったなぁ……。

そんな沢山の失敗後悔談の中から、今日は1つ紹介致します!

子どもの『買って!』が許せなくて……

子育て中の方なら経験されたことがあると思いますが、

子どもと買い物に行くと子どもに『あれや、これを(お菓子やおもちゃ)買って‼』と言われることがありますよね?

まぁ、お菓子ぐらいだったら買ってあげてもいいと思いますが

たまにおもちゃなどが売ってあったりすると……

おもちゃを欲しがってしまうことも……。

こんな時、みなさんは買ってあげますか?

多分多くの方が

『我慢しようね!!』と言って買わないと思うのですが。

子どもが小さいうちは簡単に我慢などできないので、その場で欲しいと泣きじゃくってしまって買い物が本当に大変でした。

f:id:akasuguedi:20180131094547j:plain

対策として、夫が休みの週末にまとめ買いするという工夫でカバーしょう!

と思いやってみたりもしたのですが

それでも、ちょっと買い足したい時や外で遊べない日は

室内で遊ばせることが出来る商業施設を利用したりすることもあったので

そのような場合、子連れでの買い物を回避することが出来ませんでした。 関連記事:堂々巡りで話が通じない4歳児に母は悶々。でも、本当に大事なことって? byちゅいたんママ

この時息子は2歳半くらいで、私の言っていることもほとんどわかっていたので

買い物に行く前に『今日はおやつは買わないよ!』『おやつはいいけど、おもちゃは絶対買わないからね‼』などと約束をして出かけていました、が。

相手はまだ2歳、それもイヤイヤ期真っ只中……。

そんな約束など忘れて

『欲しい!!欲しい!!』と高確率でその場で泣くものですから毎回手を焼きました。

その時、私は【約束したのだから、ちゃんと約束を守らせなければいけない!】【一度買ってあげる事を許してしまったら、また買ってもらえると思ってしまうのではないか……?】と思い、息子が泣いたとしても絶対に買ってあげませんでした。

買ってもらえないとわかると、息子は泣き止む……はずもなく泣き叫びました。

f:id:akasuguedi:20180131094617j:plain

そんなことが続いていたので、夫に相談がてら愚痴ったときに

夫にこんなことを言われました。

f:id:akasuguedi:20180131094642j:plain

アドバイスというより、客観的に見た意見をよく言ってくれる夫の言葉で

私は【自分自身の理想を小さい息子に押し付けているのだ】と気づき、その時深く反省しました。

その後、私は息子の『買って!』

に対して息子の様子を見ながら対応できる柔軟性を少しずつ学んでいきました。

勿論、完璧に考えを改めることができたわけではないので、時には感情的に怒ってしまうこともありました。

しかし、以前と違い【こうすべき!】という勝手に作ったルールに縛られることが減ったことにより

『子どもとちゃんと向き合っている!』と思える機会が増えたように感じました。

なかなか、子どものペースで物事を考えてあげるのは難しいことです。

ちゃんと考えてあげることができるのなら、後悔などすることなく

楽しんで育児が出来ると思いますが、そう簡単にいきませよね。

ただ、今回のように子どもに対して感じた思いを忘れずに

子どもと向き合って行きたいと改めて思いました。 関連記事:毎日毎日…エンドレスで続く2歳児とのやりとり。誰か“しつけ”の正解を教えて!!by園田花ヨウ

f:id:akasuguedi:20180201093623j:plain

著者:ページェント・いるみ

年齢:28歳

子どもの年齢:長男5歳(年中)長女3歳

【母親ってなんだっけ?】幼少時に母が家を出て行き、母親ってどんな存在なのかわからないけど…『もう、突っ走るしかないでしょ!笑』 と、勢いだけは人一倍で育児に奮闘している話を、SNSやブログ、コラムで掲載しています。

インスタグラム:@irumi0502

ブログ:どうかしてるぜ!いるみさん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

子育てセミナーで知った、上手な1歳のしつけ方法に目からウロコ!
悲しい顔で「ポイチンタイタイ…」なかなか伝わらない、1歳児への注意の内容  by 眉屋まゆこ
育児あるあるの1つ『おもちゃの取り合い』。こんな対応の選択肢もアリ!  by チカ母

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。