ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

笹川美和、新作のアートワークで一糸まとわぬ姿に…

笹川美和、新作のアートワークで一糸まとわぬ姿に…
J-WAVEでオンエア中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)。2月2日(金)のオンエアでは、シンガーソングライターの笹川美和さんをゲストにお招きしました。

2003年のデビューから15周年を迎えた笹川さん。「あっという間でしたね。思い起こせば、いろいろなことがあったんですが、やはり早くて実感はないです。苦もあり、楽しみもあり、ひっくるめて充実していた15年だったのかなと」と振り返りました。

オンエアでは1月31日(水)にリリースしたばかりの最新アルバム「新しい世界」についても伺いました。「前作が4年前で、それからプライベートでも仕事の面でも心境や環境の変化がたくさんありました。そのなかで『表現する』、簡単にいうと『歌が上手くなりたい』ということに力を入れたいと思うように。表現力をつけるという意味で『楽曲提供してもらう』という周りの意見と、自分の意見が合致しました。自然の流れで、今回の作品になったんです」と、提供曲を歌ったアルバム制作の経緯を語りました。

アルバム収録曲で番組でもオンエアした「紫陽花」は、大橋トリオさんによる提供楽曲です。

「最初歌詞がついてなくてラララの感じで送られてきたんですけど、もう大橋トリオさんの世界が満載でした。歌詞がなくてもできあがってるんですよね。あの優しい、すごくいい声で大橋トリオさんが歌ったらいいのに……と思ったのですが、やっぱり自分にないリズム感だったり、メロディだったりして。これをいかに笹川美和が歌うかというのが一番難しいだろうなとは思いました」(笹川さん)

トークではカビラが「艶っぽい」と表現したアルバムのアートワークについての話題も。アートワークで一糸まとわぬ姿を披露した笹川さんは、「今回新しい世界に挑戦するってなかで、何も着けずにってのがスタッフのなかでも共通で、抵抗なくできたんです。『誰も求めてねえぞ』ってお父ちゃんに言われましたけどね(笑)」と話していました。

なお、15週年を記念したコンサートも決定。東京は5月13日(日)日本橋三井ホールで開催。また、今回のライブでは初めての試みとしてゲストが出演。アルバムにも参加した安藤裕子さん、池田綾子さん、冨田恵一さん、村上ゆきさんらが出演するそうです。

番組最後の「MUSICLICK!」コーナーでは、リスナー投票で選ばれた1曲、ハナレグミのカバーで最新アルバムにも収録されている「家族の風景」を演奏していただきました。 同じくアルバム収録曲のJUDY AND MARYのカバー「KYOTO」とのクリック差はわずか23クリックと大接戦でした!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy