ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第60回グラミー賞で象徴的だったことって?

第60回グラミー賞で象徴的だったことって?
J-WAVEでオンエア中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「FEATURE FOCUS」。2月2日(金)のオンエアでは、アメリカのポピュラー音楽やポップカルチャーに詳しい慶應義塾大学教授の大和田俊之さんが、第60回グラミー賞について語りました。

ノミネートされた6部門全てを制覇したブルーノ・マーズ。まず大和田さんは、ブルーノの誤解されやすい出自について解説。

「ブルーノ・マーズはアフリカ系ではありません。お父さんがプエルトリコ系、お母さんがフィリピン系。アメリカの国勢調査上は、ヒスパニック・ラティーノ、アジア系ということになるんです」

ブルーノは受賞スピーチで、ベイビーフェイスとジャム&ルイス、テディ・ライリーの名前を挙げて感謝。そんなブルースについて大和田さんは、「黒人ではないブルーノが、80年代後半から90年代前半のニュージャックスウィングと言われる黒人音楽にオマージュを捧げたアルバムを作った」と説明。実はブルースの本名は、ピーター・ジーン・ヘルナンデス。そのため、音楽業界に入ったばかりのころは、「ラテン音楽をやったらどうか?」と言われたこともあったそう。それを振りきり、ブルースはR&Bやポップスの世界で活躍する存在となりました。大和田さんは、「そのアイデンティティの在り方が現代的だと思います」とも語っています。

現地メディアでは「ケンドリック・ラマーが受賞すべきだった」という声も多かったようですが、このことについて大和田さんは次のように話します。

「グラミー賞というのは、尖ったものというより保守的なものです。今回ケンドリック・ラマーのアルバムは非常に評価が高かったけど、ブルーノ・マーズのアルバムも売れました。ブルーノが受賞するのは、非常にグラミー的だなと思いました」

また、過去のグラミー賞のノミネーションを分析すると「男性アーティストが圧倒的に多い」という指摘もあります。この件について、大和田さんは今回のグラミー賞で象徴的だったことを教えてくれました。

「2017年のアメリカで大活躍した女性アーティストはカーディー・Bです。ストリッパーからリアリティショーのスターを経験して、ラッパーになりました。通常ヒップホップだと、男性の大御所ラッパーにフックアップされてシーンに出てくることが多いなか、独力でチャートを上がりビルボードで1位を獲得。1998年のローリン・ヒル以来の女性MCのシングルチャート制覇ということで話題になりました。

彼女を押し上げるために所属レコード会社のCOO、ジュリー・グリーンウォルドという女性が奔走しています。女性と女性が組んで、シングルチャートを制覇したんです。そんな“女性のエンパワーメント・ムーブメント”を代表する存在を、ブルーノ・マーズがフィーチャーしたことも象徴的です」(大和田さん)

「エンターテインメントなんですけど、社会的メッセージを発していくのが欠かせない感じになっていた」と大和田さんが振り返った今年のグラミー賞。「これだけメッセージを発しても、年間最優秀アルバム部門に女性で唯一ノミネートされたロードのパフォーマンスが、時間の関係上カットされたことが問題に。そういう声が上がることもアメリカ的。それもアメリカのエンターテインメントのおもしろさ」と総括していました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。