ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」が素晴らしいと話題!

パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」
(c)BoredPanda / DomNX

恥ずかしがり屋の子供にとって、自分から友人の輪の中に入っていくのは心のハードルが高いもの。けれど、周囲の子供たちのほうから話しかけてくれる魔法のようなモノがあったら? アメリカのとあるパパが息子のために毎日用意する「とあるモノ」が素晴らしいと話題になっています。

茶色いランチバッグに描かれたイラストたち

パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」
(c)BoredPanda / DomNX

パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」
(c)BoredPanda / DomNX

マーベル・キャラクターや、動物たちが描かれた細長い紙。実はこれは、すべて「お弁当袋」に描かれたイラストなんです。

パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」
こういった茶色い紙袋に、サンドイッチや果物を入れて持参するのが、アメリカの学生のランチの定番。このそっけない紙袋たちが、あんなに素敵な袋に変身した秘密は何なのでしょう。

イラストレーターの父から息子への愛情表現

パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」
(c)BoredPanda / DomNX

この紙袋たちは、すべてカリフォルニア在住のイラストレーター「DomNX」氏が手掛けた作品なんです。すべて手描きなので、平均1時間、凝った絵柄の時はそれ以上時間がかかることもあるのだとか。

パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」
(c)BoredPanda / DomNX

DomNX氏がこのイラスト袋を始めたきっかけは、息子さんのため。サマーキャンプや初めての集まりに緊張してしまう息子さんに「ちょっとした会話の糸口」として描き始めたのだとか。

パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」
(c)BoredPanda / DomNX

さすがプロのイラスト作品だけあり、連日DomNX氏のランチバッグは子供たちに大好評! なんとそれ以来、DomNX氏は毎日イラストを描き続け、4年以上続いているのだとか。550枚以上にもなるというDomNX氏のコレクションの一部をご紹介しましょう。

DomNXのアートコレクション

パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」
(c)BoredPanda / DomNX

なんと、アフロヘア―のトトロが! ファンキーです!

パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」
(c)BoredPanda / DomNX

そして時には、月曜日から金曜日の5日間をかけて完成する連作も。一週間が楽しくなりそうですね。

パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」
(c)BoredPanda / DomNX

ディズニー映画「モアナと伝説の海」から、マウイのイラスト。「ヒャッホー!」という雄たけびが聞こえてきそう。

パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」
(c)BoredPanda / DomNX

そして時には、世界の名画をモチーフにした作品も。DomNX氏の幅広い才能に脱帽です。

パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」
(c)BoredPanda / DomNX

実はDomNX氏の息子さんは既に中学生になっているそうですが、今でもその習慣は続いているのだとか。続々と誕生する日々の作品は、DomNX氏のインスタグラムにアップされています。父親から息子へのプレゼントの記録としても貴重ですが、見ている我々も幸せを感じられるアカウントです。ぜひのぞいてみてください。

[My Son Was Shy So I Started Decorating His Lunch Bags To Help Him Break The Ice At School]
[instagram / domnx_art]
[A Photo by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。