ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あったかい飲み物は最後まであたたかく。このマグならそれが可能。

あったかい飲み物は最後まであたたかく。このマグならそれが可能。

どんなにおいしいドリップコーヒーであっても、淹れたてのお茶であっても、時間が経てば冷める。味だって変わります。マズくなる、ではないんだけれど、やっぱり最適な温度を持続するというのは、どうしたって難しい。

これまではね。

けれど、これはからその“最適”を最後の一口まで楽しめそうです。

60~65℃を1時間
「淹れたて気分」キープ

あったかい飲み物は最後まであたたかく。このマグならそれが可能。あったかい飲み物は最後まであたたかく。このマグならそれが可能。

「GlowStone」は充電式の保温マグ。従来の保温容器とは違い、マグカップ自体が発熱して飲み物の温度を保ってくれます。

開発チームが調べたところによると、なんでもコーヒーやお茶が最もおいしく感じられる温度は60~65度だとかで。通常のマグカップだと、温度はわずか数分しか保てないようです。

その点GlowStoneは、飲み物を入れるだけで自動で作動。しかも60~65度を1時間も保ってくれるというんだから、賢い。

置くだけで充電可

あったかい飲み物は最後まであたたかく。このマグならそれが可能。

あったまる仕掛けがこちら。

コースターも専用の「Qiコースター」の上に置くだけで充電完了。USBポートで充電できます。ちなみにQiに対応している電子機器があれば、それもこのコースターに置くだけで充電できるらしいですよ。あったかい飲み物は最後まであたたかく。このマグならそれが可能。

作動中はライトが点灯。もちろん底は熱くなりません。最後まで飲みきったら自動的に電源が切れ、ライトが消えます。

電子機器が内蔵されていますが、なんと食洗器対応。逆さになった状態では、たとえ水分が入っていても動作しないようになっており、誤作動を防ぎます。

ボーンチャイナの

美しいデザイン

あったかい飲み物は最後まであたたかく。このマグならそれが可能。あったかい飲み物は最後まであたたかく。このマグならそれが可能。あったかい飲み物は最後まであたたかく。このマグならそれが可能。Licensed material used with permission by GLOWSTONE

関連記事リンク(外部サイト)

結露や輪ジミを防ぐ「宙に浮くマグカップ」
コーラがちょっとだけリッチになる「専用マグ」。
この道具には「一人暮らしのコーヒー好き」に嬉しい仕掛けが隠されている。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy