ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)

どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)

北欧スウェーデンは北極圏にまたがる国。冬場は豊かな自然も町並みも雪に包まれ真っ白に。あぁ、僕に彼女ができたなら、こんな場所でゆったりとした時間を過ごしたい。

一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪と氷で作られた幻想的なホテル。うん。甘いひと時を過ごすのなら、ここで決まり。今回は、もしも彼女と行けたならを想像して旅してみた。

彼女:「うわ〜キレイ」
僕:「キミの方が……」

どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL

「ICEHOTEL」の特徴は、なんと言ってもすべてが氷で作られているというところ。ホテルの近くを流れるトルネ川の氷を使用した、天然由来のものであることも驚き。しかも、室内のデザインも豊富。

冬場はもちろん、夏場でも室温を-5℃に保っており、一年中“雪国スウェーデン”の魅力が楽しめるんだ。

この美しい部屋で彼女とふたりっきり。「寒いね、でもキレイ…」と、微笑む彼女をそっと抱きしめたい。どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL

ホテル内は、まるでRPGのダンジョンのような、現実離れした世界観。

見ているだけでもわくわく。彼女と一緒にわくわく。

ホテル内の氷像は世界各地から集まった68人ものアーティストによって作られているらしい。ホテルそのものが“氷の美術館”みたいなんだ。どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Paulina Holmgren, icehotel

いよいよ夜がやってきた。氷に包まれた寝室では、「-15℃まで対応できるあたたかなトナカイの寝袋にくるまって眠ることができる。

冷たい空気の中、幻想的で美しい寝室で彼女と身を寄せ合って熱い一夜を…。想像しただけでも、にやけてしまう。どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Tomas Jönsson, ICEHOTEL

「ICEHOTEL」の魅力は、内装の美しさ。だけど、スウェーデンの自然をしっかりと堪能できるアクティビティだって充実している。

冬場はスノーモービルやトナカイそりを楽しむことができて、暖かい時期は森の中を自転車で走り抜け、澄み渡った空気に触れることも。

スウェーデンは5月から6月にかけて日の沈まない「白夜」になるから、その時期は特に屋外でのアクティビティをたっぷり楽しめそうだ。いつ頃、彼女と行こうか迷ってしまうなぁ。どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL

ここでは食事も楽しみの一つ。レストランでは、シェフが腕によりをかけて振るった自慢のメニューが。レストランは氷づくりではない、室内でゆっくり食事を楽しむことができる。

ここでは、ホッとしたあたたかな時間を楽しもう。どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by ICEHOTELどうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by ICEHOTEL 夜に訪れたいのが、この氷でできたバー。カウンターもグラスも、店内すべてが氷なんだ。お酒を楽しみながら、時間を忘れて彼女と語り合いたい。どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL

ここからは、現実的な話を。「ICE HOTEL」の宿泊費は、部屋によって価格が異なるけれど、一泊185~800ユーロ(約2万5千円~約11万円)ほどで泊まることができる。どの季節にいっても楽しめること間違いなしの“氷の世界”。

さあ、今度はリアルな恋人や家族、友人と、スウェーデンの魅力を楽しみたいものだ。Top Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL Licensed material used with permission by ICEHOTEL Sweden

関連記事リンク(外部サイト)

世界一寒い村「オイミャコン」の、ありふれた日常風景
このホテル、逃亡先にうってつけ。
この夏は、あの人に「絶景」をおすそわけ。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。