ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今市隆二、コンビニで三代目JSBの曲が流れると…

今市隆二、コンビニで三代目JSBの曲が流れると…
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(木曜担当ナビゲーター:三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 今市隆二)。2月1日のオンエアでは、プライベートの時間に今市が三代目JSBの楽曲に触れたときの対応が明かされました。

紹介したのは「スーパーマーケットに行ったらEXILE TRIBEの楽曲『BURNING UP』が流れていてテンションが上がり、買い物を早く済ますことができた」というリスナーからのメッセージ。「今市くんはコンビニなどでご自身の楽曲が流れた場面に遭遇したことはありますか?」という質問が続いていました。

今市はまず「『BURNING UP』……懐かしいですね」とポツリ。そして「あの曲聴きながらキャベツとかキュウリとか手に取って、フルーツとかも取っちゃうんでしょ?(笑) それはおもしろいですね」と嬉しそうにしていました。

今市の中で、スーパーで流れている曲といえば、歌の入っていないピアノのメロディなどインスト曲のイメージだと話します。

「こういう『BURNING UP』とかアップテンポな曲で買い物をすると、確かにテンポ上がってね、買い物の時間は短縮できるかなと思います。でも品物をちゃんと選ばないといけないからね(笑)」

リスナーからの質問については、こう答えました。
「コンビニとかで自分たちの曲を聴くことはよくあります。リリースタイミングとかに行くと流れてることがあるので、なんか……なんだろう。すぐコンビニ出たくなりますね(笑)。楽曲の世界観を大事にしたいので、曲の流れているときに自分がコンビニでイクラのおにぎりとか、シーチキンとか、なんかそういうのを選んでるのもね、ちょっとどうかと思うので、すぐ出たい……出たくなるっていう感情にはなります」

とはいえ、街中で自身の曲を聞くことができるのは嬉しいそうで「そういう恥ずかしい気持ちより、嬉しい気持ちが勝ちますね」と、この話題を結んでいました!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 24時?25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。