ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

平昌五輪でジャンプ競技を楽しむために絶対観ておいた方がよい〇〇とは…。

平昌五輪でジャンプ競技を楽しむために絶対観ておいた方がよい〇〇とは…。

注目のお正月映画「キングスマン ゴールデン・サークル」。小生も観てまいりました。前作を凌ぐ傑作でございました。噂通り、エルトン・ジョン様も大活躍!アクションがゴイスーで、笑えて、音楽が素敵で、ポップで、グロくて、下ネタもあって…、“マシュー・ヴォーン節” が炸裂でございます。

ちなみに、マシュー・ヴォーン監督は、「キック・アス」、「キングスマン」などで、多くのファンを獲得している注目の監督でございますが…そんなマシュー・ヴォーン様が、ジャンプ競技の映画を監督しているのでご存知でしょうか? 知る人ぞ知る名作でございます。

 

『キングスマン』コンビが贈る感動のサクセス・ストーリー!
ヒュー・ジャックマン×タロン・エガートン共演、マシュー・ヴォーン製作
🎬『イーグル・ジャンプ』
1/18💻 先行デジタル配信
2/3💿 ブルーレイ&DVDリリース
🎥 https://t.co/jEIdUmP5Il pic.twitter.com/Ucb3ib26qy— 20世紀FOXホームエンターテイメント (@20foxvideo) 2016年12月9日

それが、こちらの「イーグル・ジャンプ」でございます。2016年公開でございます。とてもいい作品なのですが、なぜか日本未公開。そのため知らない方も多いかも…。ご安心くださいませ。DVDはリリースされております。人気作なのでレンタル屋さんにも複数本あるかと。

内容はというと、イギリス史上初のスキージャンプオリンピック代表選手であるマイケル・エドワーズの半生を描いた伝記ドラマ。実話ベースでございます。とはいえ、“マシュー・ヴォーン”テイストは全開でございます。

ただ、「キック・アス」、「キングスマン」に比べると、違う点が1点。感動のスポーツドラマでございます。ただ、通常のスポーツものと違い、「スポ根」的な要素はなく、スタイリッシュで、爆笑できて、それでいて感動もしてしまうのでございます。

【いよいよ明日!ブルーレイ&DVDリリース/レンタルスタート!!】
『キングスマン』のマシュー・ヴォーン製作、ヒュー・ジャックマン(『X-MEN』)×タロン・エガートン(『キングスマン』)共演の超話題作!
「イーグル・ジャンプ」https://t.co/IR9EOMsxi1 pic.twitter.com/6sY6i1tlET— 20世紀FOXホームエンターテイメント (@20foxvideo) 2017年2月2日

主人公のマイケルは、近眼でスポーツ音痴。それでも子供の頃からオリンピック選手が夢だったのでございます。彼はその夢を決して諦めないのでございます。さらに、彼が選んだ種目がこともあろうに、とっても危険でハードルの高いスキージャンプだったのでございます。

この映画の最大の見どころでもありますが、、マイケルの夢を絶対にかなえるというエネルギーがとにかくゴイスーなのでございます。勇気、エネルギーをもらえること間違いナッシングでございます。

葛西、高梨両選手に、この映画を観てモチベーションをアゲアゲして頂きたいのでございます。

そして、絵本専門士の小生としては、今回初めてパパとして五輪に挑む葛西パパに、スキージャンプ絵本をオススメさせて頂きたいのでございます。

実は、スキーものの絵本、少ないのでございます。日本の土地柄もあるのかも知れません。雪やスキーが身近な子供が少ないということなのでしょうか…。そんななか、ジャンプ競技まで登場する絵本があるのでございます。さらに、この絵本が面白いのでございます。それがこちら!こぶたのブルトン ふゆはスキー 単行本
Amazon.co.jpより

「こぶたのブルトン ふゆはスキー」(作:中川 ひろたか 絵:市居 みか)

人気の「こぶたのブルトン」シリーズのなかの一冊でございます。友達にスキーに誘われたブルトンが、初めてのスキーを体験する珍道中でございます。笑えて元気がもらえる絵本でございます。

葛西パパに限らず、お子様と一緒にジャンプ競技を観る予定のある方は、是非ご用意頂き、競技を観る前、観た後、ご活用頂ければと存じます。

(文:N田N昌)

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。